エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  福祉  ›  自殺総合対策  ›  「岩手県自殺対策アクションプラン」の策定(H27.4.14更新)


ここから本文です。

「岩手県自殺対策アクションプラン」の策定(H27.4.14更新)

ID番号 N37392 更新日 平成27年4月14日

 県では、総合的かつ効果的に自殺対策を推進していくため、平成23年度から平成26年度までを計画期間とする「岩手県自殺対策アクションプラン」を策定していましたが、このたび、平成27年度から平成30年度までを計画期間とする「岩手県自殺対策アクションプラン」を策定しました。

 策定にあたっては、自殺対策に係る専門委員会や関係機関・団体等からのご意見およびパブリック・コメント等を踏まえ、自殺に関する現状と課題を整理し、目標、目標達成のための具体的な取組を定めたものです。
 

 <策定スケジュール>
  平成26年6月 自殺対策学究委員会及び自殺対策事業委員会(骨子案協議)
  平成27年1月 自殺総合対策本部幹事会(素案協議)
            自殺対策学究委員会及び自殺対策事業委員会(素案協議)
         2月 パブリック・コメントの実施、市町村及び関係団体への意見照会
         3月 自殺対策学究委員会及び自殺対策事業委員会(成案協議)
            自殺総合対策本部幹事会(成案協議)
            自殺総合対策本部(成案協議)
            岩手県自殺対策推進協議会(成案協議)

また、新たに取組の方向性を示し、それに基づく重点施策の設定と役割分担を明確化しました。

1 計画の名称

岩手県自殺対策アクションプラン

2 計画の期間

平成27年度から平成30年度の4年間
 

3 自殺対策の取組の方向性

本県ではこれまで包括的な自殺対策プログラムを推進してきましたが、年齢別及び原因・動機別の傾向から集中的な対策の必要性がありますので、これまで実施してきた施策に加え、以下の視点を加えた対策を実施します。
 

1 自殺のハイリスク者に応じた自殺対策の推進
 (1) 働き盛り世代支援
 (2) 介護予防事業との連携強化
 (3) 医療機関との連携強化
 (4) 相談事業のワンストップ化
 2 東日本大震災津波の影響への対策

4 目標

「一人でも多くの自殺を防ぐ」
 当面の目標として、平成30年までに、平成25年の自殺死亡率(人口10万人あたりの自殺者数)26.4を10%以上減少させることとし、自殺死亡率23.7以下となることを目指す。

5 目標を達成するための重点施策

(1) 自殺の実態を明らかにする
(2) 県民一人ひとりの気づきと見守りを促す
(3) 早期対応の中心的役割を果たす人材を養成する
(4) 心の健康づくりを進める
(5) 適切な精神科医療を受けられるようにする
(6) 社会的な取組で自殺を防ぐ
(7) 自殺未遂者の再度の自殺を防ぐ
(8) 遺された人の苦痛を和らげる
(9) 民間団体との連携を強化する
(10) 被災地における包括的な支援により自殺を防ぐ

詳細については、添付ファイルをご覧ください。

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 障がい保健福祉課 自殺総合対策担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5483 ファクス番号:019-629-5454
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefectural Government All Rights Reserved.