エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  福祉  ›  高齢者福祉  ›  在宅医療・介護連携  ›  市町村在宅医療連携体制支援事業


ここから本文です。

市町村在宅医療連携体制支援事業

ID番号 N47268 更新日 平成29年9月4日

市町村在宅医療連携体制支援事業とは

 在宅医療の普及に向けて、患者やその家族が有する不安を軽減し、適切な在宅療養生活を送れるようにするため、市町村職員、介護福祉関係者、医療従事者等の関係者が行わなければならないことを具体的に助言する専門家を派遣し、関係者に在宅医療・介護連携に係る実務のノウハウを習得していただく事業です。

事業概要

 次の各号に示す場面(例示)で、患者情報の確認や整理、利用可能な社会資源の見極めなどを含め、市町村職員等や介護関係者が行うべきことを助言するとともに、医療従事者との協議や連携等を円滑に進めることができるよう助言することを目的に専門家(訪問看護師)を派遣します。
1 入院時及び退院時支援に係るカンファレンス時
 例:限られた時間での効率的なカンファレンスの進め方、事前準備に関する支援
2 日常の療養支援に係るケアプラン策定・見直し時
 例:施設や人員が整っている入院での療養とは異なる、制限の多い在宅療養下でのケアプランを構築するための助言
3 自宅や介護施設での看取り期支援に係る技術的助言
 例:看取り計画の策定、家族や本人への説明、意思確認の手続き、介護職員への技術指導及び看取り後の心理的な支援など

派遣する専門家の氏名等

 下記をご参照ください。

利用対象者

 次のいずれかに所属する市町村職員等、介護・福祉関係者、医療従事者です。
1 市町村、地域包括支援センター等
2 在宅療養をする利用者にサービス提供をしている介護保険事業所等
3 病院及び有床診療所

利用手続き

 利用に係る事前協議として、地域で利用している情報共有シート(※)に相談又は助言対象である方の状況を記載し、患者本人や家族の同意を得て下記事務局または委託先あて提出してください。
 事前協議を経た後に、申請書を提出していただきます。
 ・事務局 岩手県保健福祉部長寿社会課
 ・委託先 一般社団法人岩手県訪問看護ステーション協議会
       花巻市野田351番地1 くくる花巻訪問看護ステーション内
       電話:0198-29-5175 ファクス:0198-29-5176

※ 情報共有シートそのものを使用したことがないなど、不明なときは、お近くの在宅医療連携拠点にお問い合わせいただくか、下記を参考に作成してください。(一関市の場合、「くらしのシート」が情報共有シートになります。)

添付ファイル

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 医療政策室 医療政策担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5492 ファクス番号:019-626-0837
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.