エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  福祉  ›  介護福祉  ›  喀痰吸引等の登録事務関係  ›  喀痰吸引等の登録事務【登録研修機関関係】


ここから本文です。

喀痰吸引等の登録事務【登録研修機関関係】

ID番号 N1989 更新日 平成27年12月17日

登録研修機関登録申請について(要綱第10条関係)

一定の研修を受けた介護職員等は、一定の条件の下に喀痰吸引等を行うことができることとなり、その研修を行おうとする者は、事業所ごとに知事の登録を受ける必要があります。
研修は、県(委託して実施する場合もある)及び知事の登録を受けた登録研修機関で行うことができます。

申請書の様式

様式第9の1号

申請書に添付する書類

  • (申請者が法人である場合)法人の定款又は寄附行為及び登記事項証明書
  • (申請者が個人である場合)住民票の写し
  • 様式第9の2号
  • 様式第9の3号(登録研修機関登録適合書類)(チェックリスト)
    要件の欄の記載については、様式下部の「備考3」に留意すること。それぞれの適合要件について、別添チェックリストの確認事項を踏まえた資料を作成し、その書類名を「該当書類名」欄に記載願います。該当書類名に記載した書類及び関連資料がある場合は、併せて提出してください。
    業務規程書等により一括した書類を作成する場合は、その要件に該当するページを突合することができるよう、ページ数や項目名を記載してください。
  • 業務規程書
    業務規程書には下記の事項を定めておかなければならない(省令附則第14条)
    (1) 喀痰吸引等研修の受付方法、実施場所、実施時期、実施体制その他喀痰吸引等研修の実施方法に関する事項
    (2) 喀痰吸引等研修に関する安全管理のための体制に関する事項
    (3) 喀痰吸引等研修に関する料金に関する事項
    (4) 喀痰吸引等研修の業務に関して知り得た秘密の保持に関する事項
    (5) 喀痰吸引等研修の業務の実施に係る帳簿及び書類の保存に関する事項
    (6) その他喀痰吸引等研修の業務に関し必要な事項
  • 実地研修の一部を委託する場合においては、当該研修機関に関する資料

申請時期及び提出先等

申請時期

原則として、研修受講者の募集を行う前(一月を目途)に申請願います。

提出先

岩手県保健福祉部長寿社会課(〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1)

提出部数

各1部

登録研修機関登録更新申請書について(要綱第12条関係)

登録研修機関の登録の有効期間は5年であること、引き続き登録研修機関として研修をしようとする場合は、あらかじめ登録更新の申請を行う必要があります。

申請書の様式

様式第11の1号

申請書に添付する書類

追加する研修課程に係る

  1. 講師の一覧
  2. 講師の氏名及び履歴
  3. 研修に必要な施設、備品一覧、図書目録
  4. 業務規程書
  5. 実地研修の一部を委託する場合においては、当該研修機関に関する資料
    1 から3 の資料が4 業務規程書に含まれている場合は、省略可能です。

申請時期及び提出先等

届出時期

新たな研修課程における受講者の募集を行う前(一月を目途)に申請願います。

提出先

岩手県保健福祉部長寿社会課(〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1)

提出部数

各1部

登録研修機関登録変更届出書について(要綱第13条関係)

登録研修機関は、下記のいずれかに変更が発生する場合、あらかじめ、届け出る必要があります。

  1. 設置者の代表者氏名
  2. 設置者の代表者の住所
  3. 事業所の名称
  4. 事業所の所在地
  5. 法人の寄附行為又は定款
  6. 講師
  7. 講習カリキュラム
  8. 実地研修実施施設・設備
  9. 実地研修実施施設責任者

申請書の様式

様式第11の2号

届出書に添付する書類

変更内容を確認することができる資料

届出時期及び提出先等

届出時期

あらかじめ届け出ること

提出先

岩手県保健福祉部長寿社会課(〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1)

提出部数

各1部

登録研修機関業務規程変更届出書について(要綱第14条関係)

登録研修機関が業務規程の内容を変更する場合、業務規程の変更を届け出る必要があります。

届出書の様式

様式第12号

届出書に添付する書類

改定後の業務規程

届出時期及び提出先等

届出時期

あらかじめ届け出ること

提出先

岩手県保健福祉部長寿社会課(〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1)

提出部数

各1部

登録研修機関休廃止届出書について(要綱第15条関係)

登録研修機関が喀痰吸引等研修の業務の全部又は一部を休止し、又は廃止しようとするときは、その旨をあらかじめ届け出る必要があります。

届出書の様式

様式第13号

届出書に添付する書類

添付書類無し

届出時期及び提出先等

届出時期

休廃止する日の一月前までに届け出ること

提出先

岩手県保健福祉部長寿社会課(〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1)

提出部数

各1部

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 長寿社会課 高齢福祉担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5432 ファクス番号:019-629-5439
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.