エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  福祉  ›  地域福祉  ›  ひとにやさしいまちづくり  ›  「ユニバーサルデザイン」、「バリアフリー」、「ノーマライゼーション」とは?


ここから本文です。

「ユニバーサルデザイン」、「バリアフリー」、「ノーマライゼーション」とは?

ID番号 N2366 更新日 平成26年1月17日

ユニバーサルデザイン

年齢や性別、能力などにかかわらず、できる限り、すべての人が利用できるように製品や建物、空間をデザインしようとする考え方です。

バリアフリー

障がいのある人が日常生活をする上で妨げや障壁(バリア)になるものを取り除くという考え方です。

ノーマライゼーション

すべての人が人間として普通の生活ができるよう、ともに暮らし、ともに生きていくことを目指す社会がノーマル(正常)な社会であるという考え方です。

ノーマライゼーションの理念を具体的に推進する考え方として、バリアフリーとユニバーサルデザインがあり、これからはバリアを取り除くという考え方より、できるだけ初めからバリアのないデザインを考えるというユニバーサルデザインの考え方が、より求められるようになってきているものです。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 地域福祉課 指導生保担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5438 ファクス番号:019-629-5429
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.