エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  福祉  ›  地域福祉  ›  ひとにやさしいまちづくり  ›  ひとにやさしい駐車場利用証制度(パーキングパーミット制度)について


ここから本文です。

ひとにやさしい駐車場利用証制度(パーキングパーミット制度)について

ID番号 N2361 更新日 平成28年3月15日

ひとにやさしい駐車場利用証制度とは

公共施設や商業施設など、不特定の方が出入りする「公共的施設」には、法令等に基づき、通常より幅の広い「車いす使用者用駐車施設(駐車区画)」が設置されています。
ところが、この駐車区画は、どの方の自動車を停めることができるのか、法令等の拠り所がありませんでした。
また、外見では判らない障がい等をお持ちの方を含めて、その駐車区画の利用対象の方であることを判別する方法も、法令等では決まっていませんでした。

そこで、岩手県では

  1. 車いす使用者用駐車施設(駐車区画)の利用対象者を明らかにする
  2. 「利用証」を交付し、利用対象者であることが誰にでもわかるようにする

この2つの大きな目的のもとに規則を制定し、「ひとにやさしい駐車場利用証」を交付する制度を実施しています。

利用証の交付申請について

「利用証」は、障がい等があり、通常の駐車場の利用に制約のある方に、個別に申し出ていただき発行します。
詳しくは、「利用証の交付を希望される方ヘ」のページをご覧ください。

県内で利用できる施設について

利用証をお持ちの方が優先的に利用できる「指定駐車施設」については、「指定駐車施設のご案内」のページをご覧ください。

「公共的施設」の管理運営をされる企業・団体等の方々へ

公共施設や商業施設など不特定の方が出入りする「公共的施設」を管理・運営される企業・団体等の方々に、県と「指定駐車施設」の協定の締結をお願いしています。
多くの企業・団体等のご協力を賜りますようお願いします。

利用証の全国相互利用について

平成24年4月1日から、同様の制度(パーキングパーミット制度)を実施する府県の間で、利用証の相互利用を開始しました。
これにより、岩手県のひとにやさしい駐車場利用証をはじめ、それぞれの府県で交付された利用証は、制度を実施する下記全ての府県においても利用できることとなりました。

(平成28年1月1日現在34府県1市)

東北地方

岩手県、山形県、福島県

  • ひとにやさしい駐車場利用証制度(岩手県)

 

関東地方

茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県川口市

中部地方

新潟県、石川県、福井県、山梨県、静岡県

近畿地方

京都府、大阪府、兵庫県、三重県、滋賀県、奈良県、和歌山県

中国地方

島根県、鳥取県、岡山県、広島県、山口県

四国地方

徳島県、香川県、愛媛県、高知県

九州地方

福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県

相互利用自治体の利用証及び案内表示は、下記の添付ファイルをご覧ください。
本制度の発足にあたって、岩手県ひとにやさしいまちづくり推進協議会「障がい者駐車場利用証制度専門部会」を開催しました。

ひとにやさしい駐車場利用証

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 地域福祉課 生活福祉担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5481 ファクス番号:019-629-5429
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.