エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  沿岸広域振興局  ›  住田整備事務所  ›  お知らせ  ›  昭和橋の架け替えが必要となる理由について(近年出水時の状況)


ここから本文です。

昭和橋の架け替えが必要となる理由について(近年出水時の状況)

ID番号 N47356 更新日 平成28年7月20日

(平成28年7月19日)

 住田町世田米地区の気仙川にかかる昭和橋について、これまで近年洪水(平成14年7月11日 台風6号、昭和56年 台風15号)の発生時には橋脚が支障となり川がせき止められ、橋の上流部において水位上昇が発生しておりました。
 今回、当時の出水状況写真をもとに、橋の架け替えが必要となる理由について整理した内容を別添のとおり掲載いたします。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

沿岸広域振興局大船渡土木センター 住田整備事務所 治水整備チーム
〒029-2311 岩手県気仙郡住田町世田米字川向102-1
電話番号:0192-22-8182 ファクス番号:0192-46-3715
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.