エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  沿岸広域振興局  ›  事業者向け支援情報  ›  復興特区法に基づく優遇制度


ここから本文です。

復興特区法に基づく優遇制度

ID番号 N10074 更新日 平成29年5月31日

岩手県産業再生復興推進計画(復興特区法に基づく復興推進計画)による優遇制度等について

復興特区法とは

東日本大震災復興特別区域法(復興特区法)とは、東日本大震災からの復興の円滑かつ迅速な推進と活力ある日本の再生に資することを目的として、平成23年12月26日に施行されました。

東日本大震災により被害が生じた県及び市町村は、国が策定する基本方針に基づき、復興推進計画を策定し、内閣総理大臣に申請し、認定を受けることができます。
(岩手県産業再生推進計画は、平成24年2月6日付けで申請し、平成24年3月30日付けで認定を受けました。)

認定を受けた基本計画に基づいて実施する復興推進事業については、税制の優遇や規制の特例などの一定の措置が受けられます。

岩手県産業再生復興推進計画について

産業の集積等による雇用機会の確保・創出を図るとともに、地域の特性を生かした産業を振興することにより、被災地域の経済の活性化を図ることを目的として、復興特区法第3章第2節に規程する産業集積に係る税制上の特例措置等を有効に活用するために計画したものです。

集積産業(業種)の事業者が、復興に寄与する事業(新規投資や被災者雇用等)を行う場合には、復興特区法に基づく県の指定等を受けることにより、税制の特例等を受けることができます。

このページに関するお問い合わせ

沿岸広域振興局経営企画部 産業振興課 産業革新チーム
〒026-0043 岩手県釜石市新町6-50
電話番号:0193-25-2701(内線番号:238) ファクス番号:0193-23-3472
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.