エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  沿岸広域振興局  ›  大船渡農林振興センター  ›  陸前高田市営農拠点施設開所式が開催されました


ここから本文です。

陸前高田市営農拠点施設開所式が開催されました

ID番号 N30217 更新日 平成26年11月4日

陸前高田市営農拠点施設開所式が開催されました

/_files/000/000/030/217/3939.jpg

 岩手県東日本大震災復興交付金(国庫)による県の支援を受け、平成24年度から陸前高田市が整備を進めてきた営農拠点施設が完成し、平成26年10月30日(木)10時から開所式が盛大に開催されました。
 開所式は、秋晴れの青空が広がる天気のもと、陸前高田市長をはじめ、県からは沿岸広域振興局の青柳副局長が出席する等、関係者50名余が出席する中、あいさつやテープカット等のセレモニーが行われました。また、終了後には施設の概要説明や見学が行われました。
                                      
 この営農拠点施設は、総合営農指導センター、果樹野菜集出荷センター及びライスセンターの3施設で構成されています。
 総合営農指導センターは、震災で全壊した営農指導の拠点施設が復旧することにより、農家を対象とした各種研修等の円滑な実施が可能となり、技術・経営改善を通じた生産性の向上が期待されます。
 果樹野菜集出荷センターは、これまで農家個々に外観品質のみで行っていたりんごの選果を、内部品質センサー等を活用して行い、糖度・蜜入りの統一等で高付加価値化を図ること等により、産地の再生・確立の推進が期待されます。
 ライスセンターは、米の乾燥調製を市内の農家から受託し、地域として統一基準で処理することにより、効率的な営農と需要に応じた安定供給の推進が期待されます。
 
 今後、これらの施設は大船渡市農業協同組合が指定管理者として運営することとしており、岩手県沿岸地域の産地づくりや担い手育成の先導的な拠点施設として活用されます。

 県としても、隣接する農業研究センター南部園芸研究室による技術開発をはじめ、関係機関が密接な連携を図りながら、施設を活用した地域農業の復興を支援していきます。

/_files/000/000/030/217/3915.jpg

/_files/000/000/030/217/3963.jpg

/_files/000/000/030/217/3971.jpg

このページに関するお問い合わせ

沿岸広域振興局農林部大船渡農林振興センター  農業振興課 農政企画チーム
〒022-8502 岩手県大船渡市猪川町字前田6-1
電話番号:0192-27-9914(内線番号:218) ファクス番号:0192-27-8543
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.