エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  沿岸広域振興局  ›  宮古農林振興センター林務室  ›  摂待防潮林で再生記念植樹を実施


ここから本文です。

摂待防潮林で再生記念植樹を実施

ID番号 N25887 更新日 平成26年6月26日

 平成26年5月14日、東日本大震災津波で被災した県有防潮林摂待事業区(宮古市田老)で地域住民や小学生等が参加し再生記念植樹を行いました。
 これは、県内で被災した26箇所(67.98ヘクタール)の防潮林のうち、復旧の植樹を行う第1号を記念したものです。
 県有防潮林摂待事業区の復旧にあたっては、樹木の生育に必要な基盤造成(盛土)を実施し、あわせて津波堆積土の利用も図ってきました。
 防潮林が早く従来の姿を取り戻すことを願い、これまでの取組み状況をご紹介します。

1 県有防潮林摂待事業区の概要

設置  宮古市田老字水沢126番2ほか2筆
面積  2.46ヘクタール
内容  潮害防備保安林 (昭和18年4月7日保安林指定)
 
≪防潮林とは≫
 森林法第25条第1項第5号に基づき潮害防備保安林として指定された森林です。
 潮害防備保安林の目的は、津波や高潮の勢いを弱め、住宅などへの被害を防ぐことや、
 海岸からの塩分を含んだ風を弱め、田畑への塩害などを防ぐことです。

2 東日本大震災津波による被災状況

被害面積  2.46ヘクタール(全滅)
被害額  183,018千円
災害査定日  平成23年11月28日
査定額(復旧額)  171,822千円

平成22年9月に撮影された被災前の摂待事業区航空写真です
摂待事業区航空写真(被災前 平成22年9月撮影)出典 (C)GeoEye (C)日本スペースイメージング(株)

平成23年7月に撮影された被災後の摂待事業区航空写真です
摂待事業区航空写真(被災後 平成23年7月撮影)出典 国土地理院撮影の空中写真

平成23年1月5日に撮影した被災前の摂待事業区です
摂待事業区(被災前)平成23年1月5日撮影

平成23年4月20日に撮影した被災後の摂待事業区です
摂待事業区(被災後)平成23年4月20日撮影

3 基盤造成(復旧工事)の概要

工事名    摂待地区林地荒廃防止施設災害復旧工事
発注機関  岩手県沿岸広域振興局農林部宮古農林振興センター林務室
工期      平成24年11月6日から平成25年6月30日
工事内容  盛土工 32,520立方メートル(うち津波堆積土20,908立方メートル)
                     伏工 3,328.6平方メートル ほか
 
≪津波堆積土の利用にあたって≫
 津波により陸上に打ち上げられた砂泥から、小粒コンクリート片等を分別・除去したうえで、土砂として再利用し、
 盛土材料の経費節減、災害廃棄物の減量化に貢献しました。
 利用にあたっては、3,000立方メートルに1回の割合で有害物質の有無の確認や電気伝導度(塩分濃度)、
 放射線測定など品質確認を実施しています。
 

盛土工の標準図です
盛土工標準図

4 記念植樹の概要

【開催日】平成26年5月14日(水)
【主催】岩手県摂待防潮林再生記念植樹実行委員会(構成:岩手県、宮古市、岩手県緑化推進委員会、
           宮古地方森林組合)
【協力】(緑の募金)国際ロータリー第2520地区(岩手・宮城)
【苗木の寄贈】山口県、鳥取県、緑のバトン運動実行委員会
【植樹内容】植樹面積 0.3ヘクタール
          植樹本数 1,530本
          植樹内訳 クロマツ800本、アカマツ130本、コナラ等広葉樹600本
【参加者】
  一般公募により参加を募ったほか、主催者、協力団体、苗木寄贈者、並びに、地元の小学生や地域住民など総勢300人余りが参加しました。
【当日の状況】
 参加者を8班に分け、県の林業普及指導員らの指導のもと、植樹を行いました。
 この日は、気温が30度に迫る暑さと強い風が吹く中でしたが、皆さん唐鍬等を手に、一生懸命に植樹していました。
 摂待地区住民の方々も心地よい汗をかいた様子で、「ちょくちょく様子を見に来ねばなんねぇなー」と笑顔をで話していらっしゃいました。
 また、植樹に参加した地元の田老第三小学校の児童さんたちからは、のちほど感想文を頂きましたので公開します。(別添PDF)

鳥取県の児童による植樹風景です
鳥取県の児童による植樹

地元の田老第三小学校の児童による植樹風景です
地元の田老第三小学校の児童による植樹

地元住民による植樹風景です
地元住民による植樹

5 県有防潮林摂待事業区の今後

 再生記念植樹に引き続き、防災林造成工事として植樹を実施しています。
 これらの植栽木が成林し、防潮林が本来の機能を発揮するまでには何十年という時間がかかりますが、今回の再生記念植樹を通じて、地域の方々に、わずかでも復興のあゆみを実感していただくことができればと期待しています。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

沿岸広域振興局農林部宮古農林振興センター  林務室 林業振興グループ
〒027-0072 岩手県宮古市五月町1-20
電話番号:0193-64-2215(内線番号:283) ファクス番号:0193-64-4594
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.