エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  沿岸広域振興局  ›  宮古土木センター  ›  <平成28年7月11日>【復興関連道路】主要地方道重茂半島線(仮称)大沢トンネル築造工事の安全祈願祭を開催しました!!


ここから本文です。

<平成28年7月11日>【復興関連道路】主要地方道重茂半島線(仮称)大沢トンネル築造工事の安全祈願祭を開催しました!!

ID番号 N47109 更新日 平成28年7月11日

 平成28年7月11日、県が「復興関連道路」として下閉伊郡山田町大沢~浜川目地内で整備を進めている主要地方道重茂半島線大沢~浜川目工区のうち、(仮称)大沢トンネル築造工事(トンネル延長 L=265m)について、安全祈願祭を開催しましたので、お知らせします。

【~つなごう!復興のために 進もう!復興のその先へ~】

大沢小学校児童の集合写真(ドリルジャンボ)
大沢小学校児童の集合写真(ドリルジャンボ前)

 県が「復興関連道路」として下閉伊郡山田町大沢~浜川目地内で整備を進めている主要地方道重茂半島線大沢~浜川目工区(以下、「本工区」という。)のうち、仮称)大沢トンネル築造工事について、安全祈願祭が開催され、県、山田町、地元住民、工事関係者等約80名が出席し、工事期間中の安全と早期完成を祈念しました。
 
 主要地方道重茂半島線道路整備事業については、これまで道路改良工事等を進めて来ましたが、本路線では初めてとなるトンネル本体工事((仮称)大沢トンネル L=265m)の本格着手となります。
 
 安全祈願祭には、地元の山田町立大沢小学校の児童(6年生)も参加し、「復興への想い」を発表していただきました。
 
 児童代表の福士希さんから、「私が、保育園の年長組の春、東日本大震災が起こりました。山田町では、地震、津波や、火事が発生し、たくさんの家が流されただけでなく、たくさんの方の命が奪われました。このトンネルは、大沢に住む私達全員の命の道路です。安全に工事が進み、新しい大沢の町が出来上がるのを楽しみにしています。」と発表していただいた後、「復興への想い」を書いた手紙を沿岸広域振興局鈴木副局長に渡していただきました。
 
 また、安全祈願祭終了後、大沢小学校児童による号令により、ドリルジャンボが起動し、トンネル掘削工事に本格着手しました。号令の際には、復興からの飛躍をイメージした「飛翔」の2文字が描かれた旗を、児童の皆さんに元気よく振っていただきました。
 
 本工区では、現在、大沢地区で起点部である国道45号側からトンネル工事を進めているほか、浜川目地区の道路改良工事も本格的に着手するなど、全面的な工事を展開していきます。
  
 県では、今年を「本格復興完遂年」と位置付け、本格復興をやり遂げ、次につながるように強力に復興を推し進めることとしており、本工区についても、平成29年度の全線供用に向けて全力で事業を推進していきます。

(仮称)大沢トンネル築造工事 安全祈願祭
(仮称)大沢トンネル築造工事 安全祈願祭の状況

関係者による鍬入れ
関係者による鍬入れ(左から、山田町議会 昆 輝雄議長、岩手県議会 佐々木宣和議員、岩手県議会 城内愛彦議員)

関係者による鍬入れ
関係者による鍬入れ(左から、沿岸広域振興局 小向正悟局長、佐藤信逸山田町長、平松正俊宮古労働基準監督署長)

沿岸広域振興局 小向局長
沿岸広域振興局 小向局長の発注者挨拶

山田町 佐藤町長
山田町 佐藤町長の来賓挨拶

大沢小学校児童代表 福士 希さん 「復興への想い」
大沢小学校児童代表 福士 希さん 「復興への想い」の発表

大沢小学校児童代表 福士 希さんから「復興への想い」を沿岸広域振興局 鈴木副局長へ
大沢小学校児童代表 福士 希さんから「復興への想い」を書いた手紙を沿岸広域振興局 鈴木副局長へ手渡し

大沢小学校児童によるドリルジャンボ号令
大沢小学校児童によるドリルジャンボ起動号令

ドリルジャンボ起動!
ドリルジャンボ起動!!

大沢~浜川目工区の事業概要

 県では、岩手県東日本大震災津波復興計画に基づき、三陸沿岸地域の復興と安全・安心を確保し、災害に強く信頼性の高い道路ネットワークを構築することを目的として、三陸復興道路整備事業を実施しています。(主)重茂半島線は、三陸復興道路整備事業の「復興関連道路」に位置付け、県が重点的に整備を進めています。

 このうち、下閉伊郡山田町で事業を進めている大沢~浜川目工区は、多重防災型まちづくり連携推進事業(まちづくり連携道路整備事業)として山田町が施行する漁業集落防災機能強化事業、土地区画整理事業等の復興まちづくりと連携し、東日本大震災津波と同等の津波が発生した場合でも浸水しない道路を整備することにより、高台に整備される3箇所の住宅団地(大沢第1住宅団地、大沢第2住宅団地、浜川目住宅団地)をつなぎ、災害時等における確実な緊急輸送や代替機能等を確保します。

(1) 計画延長:2.80km

(2) 計画幅員:〔歩道設置区間〕  5.5(9.5)m

          〔歩道未設置区間〕 5.5(7.0)m

          〔トンネル部〕     5.5(7.0)m

(3) 事業期間:平成24年度~平成29年度

(4) 全体事業費:約41億円

(5) 主要構造物:(仮称)大沢トンネル L=265m

関連リンク

社会資本の復旧・復興ロードマップ

【宮古土木センター】道路整備事業の概要

美しい県土づくりニュース

このページに関するお問い合わせ

沿岸広域振興局土木部宮古土木センター  道路整備課 道路整備チーム
〒027-0072 岩手県宮古市五月町1-20
電話番号:0193-64-2221(内線番号:356) ファクス番号:0193-71-1239
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.