エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  沿岸広域振興局  ›  宮古土木センター  ›  <平成28年2月8日>【復興関連道路】山田町立大沢小学校の復興教育で主要地方道重茂半島線大沢~浜川目工区を現場見学!!


ここから本文です。

<平成28年2月8日>【復興関連道路】山田町立大沢小学校の復興教育で主要地方道重茂半島線大沢~浜川目工区を現場見学!!

ID番号 N42477 更新日 平成28年2月8日

 県が「復興関連道路」として整備を進めている主要地方道重茂半島線大沢~浜川目工区について、山田町立大沢小学校の復興教育の一環として、平成28年2月8日に現場見学会を開催しましたので、お知らせします。

~つなごう!復興のために 進もう!復興のその先へ~

大沢地区の工事状況について
大沢地区の工事状況

 県が「復興関連道路」として整備を進めている主要地方道重茂半島線については、平成28年1月7日に安全祈願祭・着工式を開催したところですが、そのうち、下閉伊郡山田町大沢地区から浜川目地区で整備を進めている大沢~浜川目工区について、山田町立大沢小学校の復興教育の一環として、平成28年2月8日に現場見学会を開催しました。県が整備を進めている(主)重茂半島線全7工区で初めての現場見学会開催となります。

 現場見学会には、大沢小学校3~6年生の児童53名が参加し、大沢~浜川目工区の事業計画や、山田町が施行する関連事業の大沢第1住宅団地造成工事等(漁業集落防災機能強化事業)の計画を学んだ後、大規模な切土工事が進む大沢地区の工事状況を間近で見学していただきました。

  参加した児童からは、「仕事をしていて嬉しい時はどんな時ですか」、「工事は順調に進んでいますか」、「工事現場は何人くらいの人が働いているのですか」などたくさんの質問が出され、興味深く現場を見学していただきました。

 また、今年の3月に大沢小学校を卒業する6年生の児童の皆さんには、「復興への想いと未来の自分へのメッセージ」をタイムカプセルに格納し、大沢第1住宅団地脇の造成地(学校用地)に埋めていただきました

 タイムカプセルを埋めた場所には、6年生の学級目標である「団結」の2文字を刻んだ石碑を建て、児童が二十歳を迎えた成人式の際にみんなで開ける予定としています。今日の現場見学会で感じた気持ちを忘れずに、児童の復興への想いが未来へつながることを期待しています。

 県では、今年を「本格復興完遂年」と位置付け、本格復興をやり遂げ、次につながるよう強力に復興を推し進めることとしており、大沢~浜川目工区の平成29年度の開通に向けて、全力で事業を推進していきます。

 現場見学会資料は別添ファイルを御覧ください。また、現場見学会の希望がある場合は、宮古土木センター道路整備課道路整備チームまで御連絡ください。

事業計画等を学ぶ児童について
大沢~浜川目工区の事業計画等を学ぶ児童

大沢地区道路改良工事の現場見学状況について
大沢地区道路改良工事の現場見学状況

大沢地区の工事現場
大沢地区道路改良工事の現場で集合写真

大沢第1住宅団地建設予定地
大沢第1住宅団地造成工事の現場で集合写真

タイムカプセルを埋める前の児童
タイムカプセルと大沢小学校6年生児童

タイムカプセルを埋める大沢小学校6年生
タイムカプセルを埋める大沢小学校6年生児童

石碑を囲んで
タイムカプセルの石碑を囲んで集合写真

【大沢~浜川目工区の事業概要】

 県では、岩手県東日本大震災津波復興計画に基づき、三陸沿岸地域の復興と安全・安心を確保し、災害に強く信頼性の高い道路ネットワークを構築することを目的として、三陸復興道路整備事業を実施しています。(主)重茂半島線は、三陸復興道路整備事業の「復興関連道路」に位置付け、県が重点的に整備を進めています
 このうち、下閉伊郡山田町で事業を進めている大沢~浜川目工区は、多重防災型まちづくり連携推進事業(まちづくり連携道路整備事業)として山田町が施行する漁業集落防災機能強化事業、土地区画整理事業等の復興まちづくりと連携し、浸水しない道路を整備することにより、高台に整備される3箇所の住宅団地(大沢第1住宅団地、大沢第2住宅団地、浜川目住宅団地)をつなぎ、災害時等における確実な緊急輸送や代替機能等を確保します。
 
(1) 計画延長: 2.80km
(2) 計画幅員: 〔歩道設置区間〕5.5(9.5)m
           〔歩道未設置区間〕5.5(7.0)m
           〔トンネル部〕5.5(7.0)m
(3) 事業期間: 平成24年度~29年度
(4) 全体事業費:約41億円
(5) 主要構造物:(仮称)大沢トンネル L=265m

添付ファイル

【復興関連道路】主要地方道重茂半島線の事業計画について

関連リンク

社会資本の復旧・復興ロードマップ(平成28年1月25日公表)

【宮古土木センター】道路整備事業の概要(平成27年12月15日版)

美しい県土づくりニュース 平成28年1月号 

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

沿岸広域振興局土木部宮古土木センター  道路整備課 道路整備チーム
〒027-0072 岩手県宮古市五月町1-20
電話番号:0193-64-2221(内線番号:356) ファクス番号:0193-71-1239
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.