エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  沿岸広域振興局  ›  宮古土木センター  ›  【復興支援道路】一般国道340号立丸峠工区(仮称)小峠トンネルが貫通しました!!~県が震災後に着手した復興支援道路で初のトンネル貫通~


ここから本文です。

【復興支援道路】一般国道340号立丸峠工区(仮称)小峠トンネルが貫通しました!!~県が震災後に着手した復興支援道路で初のトンネル貫通~

ID番号 N37874 更新日 平成27年7月27日

 県が「復興支援道路」として整備を進めている一般国道340号立丸峠工区について、(仮称)小峠トンネル(L=920m)が貫通し、平成27年7月27日に貫通式が開催されましたので、お知らせします。

~つなごう!復興のために 進もう!復興のその先へ~

一般国道340号立丸峠工区(仮称)小峠トンネル宮古側坑口写真
一般国道340号立丸峠工区(仮称)小峠トンネル宮古側坑口


 県が「復興支援道路」として遠野市恩徳~宮古市小国間で整備を進めている一般国道340号立丸峠工区において、計画している2箇所のトンネルのうち、宮古側の(仮称)小峠トンネル(L=920m)が貫通し、平成27年7月27日に貫通式が開催されました。県が復興支援道路として整備を進めている道路のうち、東日本大震災津波後に着手したトンネルでは初めてのトンネル貫通となります。
 
 貫通式には、県、宮古市、遠野市、地権者、工事関係者等約140名が出席しました。なお、この小峠トンネルが次世代への資産として引き継がれる重要な社会資本であることから、貫通式には、地域の未来を支える宮古市立川井小学校児童の皆さんにも参加していただきました。
 
 貫通発破では、佐々木沿岸広域振興局長、堀江県南広域振興局長、県議会議員等と一緒に川井小学校児童にも発破のボタンを押していただき、平成26年8月の工事着手から約1年の歳月をかけて小峠トンネルが無事貫通しました。その後、関係者による貫通点通り初めを行い、参加者一同の盛大な万歳三唱で小峠トンネルの貫通を祝いました。
 
 また、貫通式では、川井小学校児童から小峠トンネル貫通を迎えての想いを発表していただきました。発表では、児童全員での呼びかけの後、6年生の菊地真央さんから作文の朗読があり、「防水シートを貼る体験もさせていただいてありがとうございました。トンネルを通るたびにこの工事のことを思い出すと思います。」などの現場見学会に対するお礼や、「トンネル工事にかかわった皆さん、長い間本当にありがとうございました。これからも、まだ工事が続くと思いますがお体に気をつけて頑張ってください。このトンネルを通れる日を楽しみにしています。」などの心温まるメッセージをいただきました。最後に、児童全員で合唱が行われ、貫通式の会場は感動につつまれました
 
 県では、今年を「本格復興邁進年」と位置づけ、復興を強力に推し進めており、立丸峠工区についても、小峠トンネルの貫通を契機に、宮古側の小峠工区1.7kmについて、平成28年度の供用開始を目指して工事を進めていきます。また、今後、遠野側の(仮称)大峠トンネルについても工事着手するなど、立丸峠工区の早期全線供用に向けて全力で事業を推進していきます。

貫通発破の状況写真
貫通発破の状況


川井小学校児童と一緒に貫通発破の状況写真
川井小学校児童と一緒に貫通発破


宮古地域(沿岸広域振興局・宮古市)と遠野地域(県南広域振興局・遠野市)の代表者による貫通点通り初め写真
宮古地域(沿岸広域振興局・宮古市)と遠野地域(県南広域振興局・遠野市)の代表者による貫通点通り初め


貫通点通り初めの万歳三唱状況写真
貫通点通り初めの万歳三唱


川井小学校児童からの発表状況写真
川井小学校児童からの発表


一般国道340号(仮称)小峠トンネル貫通状況写真
一般国道340号(仮称)小峠トンネル貫通!


貫通式に参加した川井小学校児童一同の状況写真
貫通式に参加した川井小学校児童一同


立丸峠工区の事業概要

一般国道340号立丸峠工区の事業概要図資料
一般国道340号立丸峠工区の事業概要図


 県では、岩手県東日本大震災津波復興計画に基づき、三陸沿岸地域の復興と安全・安心を確保し、災害に強く信頼性の高い道路ネットワークを構築することを目的として、三陸復興道路整備事業を実施しています。
 一般国道340号立丸峠工区は、三陸復興道路整備事業の「復興支援道路」に位置付け、県が重点的に整備を進めています。
(1)計画延長:5.21km(大峠工区3.26km、新田工区0.25km、小峠工区1.70km)
(2)計画幅員:一般部6.0(9.0)m、トンネル部6.0(7.5)m
(3)事業期間:平成24年度~平成30年度
(4)全体事業費:約85億円
(5)主要構造物:(仮称)大峠トンネル1,839m、(仮称)小峠トンネル920m
(6)整備効果:遠野市~宮古市間で約4kmの距離短縮・約6分の時間短縮、トンネル整備による冬期間の交通環境改善等

(仮称)小峠トンネル築造工事の概要

(1)工事名:一般国道340号(仮称)小峠トンネル築造工事
(2)概 要:施工延長1,701.6m、トンネル工(NATM)920m、道路改良工781.6m等
(3)受注者:株式会社奥村組・株式会社大本組・高徳建設株式会社特定共同企業体

関連リンク

社会資本の復旧・復興ロードマップ

宮古地区情報紙『カラフル』

美しい県土づくりニュース

このページに関するお問い合わせ

沿岸広域振興局土木部宮古土木センター  道路整備課 道路整備チーム
〒027-0072 岩手県宮古市五月町1-20
電話番号:0193-64-2221(内線番号:356) ファクス番号:0193-71-1239
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.