エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  沿岸広域振興局  ›  宮古土木センター  ›  【復興支援道路】宮古市立川井小学校が復興教育で一般国道340号立丸峠工区を現場見学!!


ここから本文です。

【復興支援道路】宮古市立川井小学校が復興教育で一般国道340号立丸峠工区を現場見学!!

ID番号 N36397 更新日 平成27年6月8日

 県が「復興支援道路」として整備を進めている一般国道340号立丸峠工区について、宮古市立川井小学校の復興教育の一環として、平成27年6月8日に(仮称)小峠トンネル築造工事の現場見学会を開催しましたので、お知らせします。

~つなごう!復興のために 進もう!復興のその先へ~

(仮称)小峠トンネル起点側(宮古側)坑口部の状況写真
(仮称)小峠トンネル起点側(宮古側)坑口部の状況


 県が「復興支援道路」として遠野市恩徳~宮古市小国間で整備を進めている一般国道340号立丸峠工区について、宮古市立川井小学校の復興教育の一環として、平成27年6月8日に4年生から6年生の児童を対象としたトンネル工事((仮称)小峠トンネル L=920m)の現場見学会を開催しました。
 
 一般国道340号は、東日本大震災津波の際、沿岸部の一般国道45号等が通行止めとなる中、後方支援拠点として機能した遠野市から宮古市や大槌町等を結ぶ道路として、自衛隊や消防、物資輸送等を担う「命の道路」として機能した道路であり、本現場見学会に先立ち、平成27年6月4日に小学校の授業の中で震災時に道路が果たした役割等を児童に学習していただいた後、本日、トンネル工事が進む(仮称)小峠トンネル築造工事の現場を間近で見学していただきました。
 
 現場見学会には、宮古市立川井小学校の4年生から6年生の児童30名が参加し、トンネル掘削機械・設備やトンネル掘削工事の最前線の状況を見学したほか、事前学習の中で児童が書いたメッセージ入りの防水シートを、トンネル内部に直接貼り付けました。
 
 児童の皆さんからは、「私たちのために工事を一生懸命進めてくれて本当にありがとうございます。みんなのために、未来のためにこれからもがんばってください!」、「完成したトンネルを通るのが楽しみです。ありがとうございます。」などのトンネル工事に対する温かいエールなどをいただきました
 
 児童の皆さんが書いたメッセージ入りの防水シートは、トンネル工事が進むとコンクリートに覆われて見えなくなってしまいますが、トンネルが完成した後もずっとトンネルの中に残り続けます
 
 (仮称)小峠トンネルは、現在、約890mまで掘削が進んでおり、貫通間近です。県では、今年を「本格復興邁進年」と位置付け、復興を強力に推し進めており、立丸峠工区の一日も早い完成に向けて、安全に万全を期し、全力で工事を推進していきます。
 
 現場見学会資料は別添ファイルを御覧ください。また、現場見学会の希望がある場合は、宮古土木センター道路整備課道路整備チームまで御連絡ください。

平成27年6月4日の川井小学校事前学習の状況写真
平成27年6月4日の川井小学校事前学習の状況


事前学習でトンネルに貼る防水シートに児童からのメッセージを記載している状況写真
事前学習でトンネルに貼る防水シートに児童からのメッセージを記載


トンネル工事の進捗状況等を学習している写真
トンネル掘削の方法や工事の進捗状況等を学習


トンネル内部の見学状況写真
トンネル内部の見学状況


トンネル掘削の最前線でみんなで集合写真を撮影している状況
トンネル掘削の最前線でみんなで集合写真


メッセージ入り防水シートをトンネル内部にみんなで貼り付けている写真
メッセージ入り防水シートをトンネル内部にみんなで貼り付け


貼り付けたメッセージ入り防水シートの前でみんなで集合写真状況
貼り付けたメッセージ入り防水シートの前でみんなで集合写真


立丸峠工区の事業概要

 県では、岩手県東日本大震災津波復興計画に基づき、三陸沿岸地域の復興と安全・安心を確保し、災害に強く信頼性の高い道路ネットワークを構築することを目的として、三陸復興道路整備事業を実施しています。
一般国道340号立丸峠工区は、三陸復興道路整備事業の「復興支援道路」に位置付け、県が重点的に整備を進めています。
(1)計画延長:5.21km(大峠工区3.26km、新田工区0.25km、小峠工区1.70km)
(2)計画幅員:一般部6.0(9.0)m、トンネル部6.0(7.5)m
(3)事業期間:平成24年度~平成30年度
(4)全体事業費:約85億円
(5)主要構造物:(仮称)大峠トンネル1,839m、(仮称)小峠トンネル920m
(6)整備効果:遠野市~宮古市間で約4kmの距離短縮・約6分の時間短縮、トンネル整備による冬期間の交通環境改善等

(仮称)小峠トンネル築造工事の概要

(1)工事名:一般国道340号(仮称)小峠トンネル築造工事
(2)概 要:施工延長1,701.6m、トンネル工(NATM)920m、道路改良工781.6m等
(3)工 期:平成26年3月6日~平成28年2月13日
(4)受注者:株式会社奥村組・株式会社大本組・高徳建設株式会社特定共同企業体

添付ファイル

関連リンク

社会資本の復旧・復興ロードマップ

宮古地区情報紙『カラフル』

美しい県土づくりニュース

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

沿岸広域振興局土木部宮古土木センター  道路整備課 道路整備チーム
〒027-0072 岩手県宮古市五月町1-20
電話番号:0193-64-2221(内線番号:356) ファクス番号:0193-71-1239
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.