エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  沿岸広域振興局  ›  宮古土木センター  ›  【復興支援道路】一般国道340号立丸峠工区の着工式を開催しました!!


ここから本文です。

【復興支援道路】一般国道340号立丸峠工区の着工式を開催しました!!

ID番号 N27779 更新日 平成26年8月12日

 県が「復興支援道路」として遠野市恩徳~宮古市小国間で整備を進めている一般国道340号立丸峠工区について、(仮称)小峠トンネル(L=920m)の掘削工事に着手することに伴い、平成26年8月12日(火)に着工式を開催しましたので、お知らせします。

~つなごう!復興のために 進もう!復興のその先へ~

立丸峠工区着工式の状況写真
立丸峠工区着工式の状況


県土整備部蓮見技監の挨拶写真
県土整備部蓮見技監の挨拶


宮古市立小国小学校児童の発表写真
宮古市立小国小学校児童の発表


小国小学校児童の手紙を沿岸広域振興局桐田副局長へ手渡し写真
小国小学校児童の手紙を沿岸広域振興局桐田副局長へ手渡し


関係者による鍬入れ写真
関係者による鍬入れ


工事業者と小国小学校児童による着工号令写真
工事業者と小国小学校児童による着工号令


(仮称)小峠トンネル着工写真
(仮称)小峠トンネル着工!!


 平成26年8月12日、県が「復興支援道路」として遠野市恩徳~宮古市小国間で整備を進めている一般国道340号立丸峠工区について、着工式を開催しました。
 
 着工式には、県、宮古市、遠野市、地権者、工事関係者等約100名が出席。地元の宮古市立小国小学校の児童も参加し、「立丸峠工区開通への想い」を発表していただいた後、沿岸広域振興局桐田副局長に「立丸峠工区開通への想い」を書いた手紙を渡していただきました。その後、関係者による鍬入れを行い、工事業者と小国小学校児童による工事着工の号令トンネル掘削工事に着手しました。
 
 また、当日は、(仮称)小峠トンネル(L=920m)の掘削工事に着手することに伴い、受注者の主催により、(仮称)小峠トンネル築造工事の安全祈願祭も併せて開催され、工事期間中の安全と早期完成を祈念しました。
 
 立丸峠工区は、大峠工区3.26km、新田工区0.25km、小峠工区1.70kmの3工区から構成される延長5.21km、総事業費約85億円の事業で、主要構造物として、大峠工区に(仮称)大峠トンネル(L=1,839m)小峠工区に(仮称)小峠トンネル(L=920m)を計画しています。
 
 通常、新規事業化から工事着手までは約3年の年月を要しますが、県では、立丸峠工区の平成24年10月の新規事業化以来、「地質調査」、「設計」、「用地測量」など、あらゆる作業を並行して進め、新規事業化から約1年後の平成25年11月26日には(仮称)小峠トンネル築造工事を入札公告、更に半年後の平成26年3月には工事着手するという異例のスピードで事業を進めています
 
 また、(仮称)小峠トンネル築造工事は、トンネル工に前後の道路改良工を含め、小峠工区1.70km全線を一括発注する大規模ロット発注を行うことで、工期を大幅に短縮。この「早期発注」+「大規模ロット発注」により、小峠工区1.70kmについては平成28年度の全線供用を目指して工事を進めて行きます。
 
 残る工区についても、新田工区は工事発注済(平成26年度供用予定)、大峠工区に計画している(仮称)大峠トンネルについても平成26年度中に工事発注する予定としています。
 
 県では、今年を「本格復興推進年」と位置付け、復興を強力に推し進めており、1日も早い復興のため、安全に万全を期し、早期完成に向けて工事を推進して行きます。
 
 立丸峠工区の事業計画の詳細は、別添資料を御覧ください。
 
【立丸峠工区の概要】
 県では、岩手県東日本大震災津波復興計画に基づき、三陸沿岸地域の復興と安全・安心を確保し、災害に強く信頼性の高い道路ネットワークを構築することを目的として、三陸復興道路整備事業を実施しています。
 一般国道340号立丸峠工区は、三陸復興道路整備事業の「復興支援道路」に位置付け、県が重点的に整備を進めています。
(1)計画延長:5.21km(大峠工区3.26km、新田工区0.25km、小峠工区1.70km)
(2)計画幅員:一般部6.0(9.0)m、トンネル部6.0(7.5)m
(3)事業期間:平成24年度~平成30年度
(4)全体事業費:約85億円
(5)主要構造物:(仮称)大峠トンネル1,839m、(仮称)小峠トンネル920m
(6)整備効果:遠野市~宮古市間で約4kmの距離短縮・約6分の時間短縮、トンネル整備による冬期間の交通環境改善等
 
【(仮称)小峠トンネル築造工事の概要】
(1)工事名:一般国道340号(仮称)小峠トンネル築造工事
(2)概 要:施工延長1,701.6m、トンネル工(NATM)920m、道路改良工781.6m等
(3)工 期:平成26年3月6日~平成28年2月13日
(4)請負額:2,225,576,520円(第1回変更)
(5)受注者:株式会社奥村組・株式会社大本組・高徳建設株式会社特定共同企業体

添付ファイル

【復興支援道路】一般国道340号立丸峠工区の事業計画について

関連リンク

社会資本の復旧・復興ロードマップ

宮古地区情報紙『カラフル』

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

沿岸広域振興局土木部宮古土木センター  道路整備課 道路整備チーム
〒027-0072 岩手県宮古市五月町1-20
電話番号:0193-64-2221(内線番号:356) ファクス番号:0193-71-1239
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.