エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  地域振興  ›  元気なコミュニティ100選  ›  元気なコミュニティ特選(沿岸広域振興局管内)  ›  宮古市 特定非営利活動法人 いわてマリンフィールド


ここから本文です。

宮古市 特定非営利活動法人 いわてマリンフィールド

ID番号 N9386 更新日 平成26年1月17日

「海に学び」「海に親しみ」「海を活用する」をテーマに、イベントや海洋教室等を開催している。

海に学び 海に親しみ 海を活用するNPO

活動のきっかけ
1997年に、故郷の海を知りその自然の恵を教育や選手育成に活用する団体として創設され、市内小中学校生を対象にしたヨット、カヤック教室の開催をはじめ、障害者体験クルージングなど各種活動の支援も愛好者らにより行われてきた。
そして1998年、岩手インターハイ開催にあたり宮古湾にヨットハーバーが整備され、より充実した環境が整った。
一方、社会的責任ある団体として活動の幅を広げていくために、特定非営利活動促進法による法人格を取得し、社会的信用性を高めて、マリンスポーツの振興を通じ、宮古及び岩手の地域振興に寄与していくこととした。

活動の内容
「海に学び」「海に親しみ」「海を活用する」をテーマに、海洋スポーツと水辺活動の企画、実施をしている。
具体的にはシーカヤック教室、小中学校へのヨットやカヤック出前体験講座、青少年国際交流、シーカヤックマラソンなどを実施している。
宮古湾の清掃活動を通じて、環境問題にも取り組んでいる。
また、ミニFMラジオ局を開設するなど、幅広い活動をしている。

活動の成果・影響
ヨット、カヤック教室を通じて、市民が海により親しむ機会を提供し、参加者から評価を得るとともに、環境問題などで市民に問題提起するなどしている。
行政との協働事業実施やミニFMラジオ局開設によるコミュニティの醸成など、その活動は地域へ貢献度が高い。

今後の展開
会の活動は、新規事業の開催、行政や他のNPOとの協働に積極的に取り組んでおり、地域住民から支持されている。
今後は、FMラジオ局の継続的な開設に意欲を見せており、活動分野が更に広がるであろう。

問い合わせ先

〒027-0028 宮古市神林9-1
電話・ファクス:0193-64-1160
 

シーカヤックマラソンに参加し、カヤックを漕ぐ市民の方の写真
シーカヤックマラソン

シーカヤックマラソンの様子の写真
シーカヤックマラソンの様子

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 地域振興室 県北沿岸・定住交流担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5194 ファクス番号:019-629-5219
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.