エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  地域振興  ›  元気なコミュニティ100選  ›  元気なコミュニティ特選(沿岸広域振興局管内)  ›  山田町 大浦漁村(むら)づくり振興協議会


ここから本文です。

山田町 大浦漁村(むら)づくり振興協議会

ID番号 N9353 更新日 平成26年1月17日

地域の資源を生かした健康で明るい豊かな地域づくり

活動のきっかけ
当地域は、船越半島に位置する漁村の集落で、町中心部への交通手段として巡航船に頼っていた歴史があり、災害等により集落が孤立することも予想されるところである。このようなことから昔から集落独自の自治会づくりを積極的に推進してきた。
昭和54年8月に住民相互信頼を育て、健康で明るく豊かな生活環境づくりと郷土発展のための実施計画を樹立、これの円滑な推進を図ることを目的に大浦区運営委員会として設立された。その後、集落のほとんどの構成員で財産等を保有していることから、平成15年8月29日に認可地縁団体となって、現在の組織の名称となり、地域が一丸となって地域づくりに取り組んでいる。

活動の内容
漁村が盛んな地域で、昔から共同作業や地域で解決しなければならないことは自らの手で解決するという土地柄で、集落を先導する人材が多く輩出され、その先輩方が培ってきた活動内容となっている。その内容は、会員相互の連携を図り、青少年の健全育成の推進、教育文化の振興、健康づくりと体育振興、社会福祉と敬老、生活改善と住みよい環境改善、神社などの施設管理と運営、共同墓地の管理と関連施設の運営、所有山林の保育管理と利用などであり、住民同士の協働が図られている。

活動の成果・影響
町内においても海をきれいにする活動が盛んなところで、町内で最初に漁業集落環境整備事業に取り組み、当自治会の協力によって早期に生活排水処理施設を整備することができた。その効果としてトイレの水洗化が進み、漁村として海の環境改善が進み、住みよい住環境をつくり、環境衛生に大きく寄与している。
また、昔から伝わる神社の祭典においては、当自治会が中心となり地区住民が全員参加し、明日への活力を生み出し、地域発展の源としている。祭典のときに披露する伝統芸能などは地区の文化として継承され、世代間交流におおいに役立っている。

今後の展開
当地区も少子高齢化及び過疎化が進み、地域を守るためには、普段から人と人との結びつき、地域内の団結力、地域の諸問題を解決する住民の力が重要になってくることから、住民協働の意識向上に努め、いつまでも輝いているような地域をつくるという方向性にもっていきたい。

お問い合わせ先
〒028-1371 下閉伊郡山田町船越第22地割188番地
電話:0193-84-2211(大浦漁協)
ファクス:0193-84-2213

パレードの写真

記念大会の集合写真

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 地域振興室 県北沿岸・定住交流担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5194 ファクス番号:019-629-5219
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.