エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  地域振興  ›  元気なコミュニティ100選  ›  元気なコミュニティ特選(沿岸広域振興局管内)  ›  住田町 花と香りの里 恵山(ケイザン)


ここから本文です。

住田町 花と香りの里 恵山(ケイザン)

ID番号 N9346 更新日 平成26年1月17日

遊休農地を利用し、地域の有志で花等の景観作物の植栽を実施、地域内外の住民による交流の場づくりに努めている。

仲間と一緒に明るい地域づくり

活動のきっかけ
地区内の遊休農地の荒廃に危機感を感じていた頃、県大船渡地方振興局の「遊休農地持続的活用モデル圃場設置事業」を知り、花による景観形成で遊休農地の解消に取り組み始めました。
その後、平成18年度から町の「50万円DE人・まちづくり事業補助金」による支援を受けたことをきっかけに組織を設立し、活動を継続しています。

活動の内容
遊休農地に花などを植栽しています。(平成18年度実績)
ラベンダー 20アール、コスモス 3アール、ひまわり 6アール、カボチャ 25アール、菜の花 66アール
菜種油の製品化を検討しています。(試搾や加工委託を行っています。)
お花畑で保育園児や児童・地区民との交流を行っています。

活動の成果・影響
遊休農地に景観作物を植栽することにより遊休農地が解消されるとともに、その作業を通じて地域コミュニティが活性化されました。
また、地区内や町内からお花畑を見学に来るため、遊休農地が地域の交流の場となりました。
さらには町外からの見学者もあり、交流人口が増加し地域に活気をもたらしました。

今後の展開
圃場の整備作業が大変であり、機械導入が多くなってきています。
景観形成を継続するとともに、菜種油の製品化の検討を進め、安全安心な食材としての特産化を目指して、組織経営の自立を図っていきます。

お問い合わせ先
〒029-2501 気仙郡住田町上有住字山脈地15番地9
電話・ファクス:0192-48-3172
 

ひまわり畑の写真

菜の花畑の写真

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 地域振興室 県北沿岸・定住交流担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5194 ファクス番号:019-629-5219
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.