エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  地域振興  ›  元気なコミュニティ100選  ›  元気なコミュニティ特選(盛岡広域振興局管内)  ›  滝沢村 柳沢地域まちづくり推進委員会


ここから本文です。

滝沢村 柳沢地域まちづくり推進委員会

ID番号 N9404 更新日 平成26年1月17日

柳沢地域の立地条件を生かし、自然景観の保全、新旧住民の交流、観光を目指した農産物の加工など、様々な地域課題、産業振興について積極的に取り組んでいる。

岩手山の麓で人々が集い、ほっとするふるさと 森と酪農の柳沢

活動のきっかけ
平成12年に住民参画によって策定された地域の将来像「滝沢地域デザイン」。その推進役として村内10地域に立ち上げられた「まちづくり推進委員会」の一つが「柳沢地域まちづくり推進委員会」である。

活動の内容
柳沢地域は村内北西部、岩手山麓に広がる酪農地帯であるが、豊かな自然を求めて新住民も移り住んでおり、工芸家も多い。
その立地条件から、自然景観の保全、新旧住民の交流、観光を目指した農産物の加工など、様々な地域課題、産業振興について積極的に取り組んでいる。

活動の成果・影響
平成18年に締結された「岩手山麓柳沢地域景観形成住民協定」は、地域の景観は自分達の手で守るという地道な活動が実を結び、地域住民や企業との間で結ばれた。
その他6年間(平成12年~平成18年)にわたるホタルの調査とマップ作りや観察会の開催、1,000本の広葉樹の植栽による森作りなど、自然と景観を守る取り組みがなされている。
また、遊休農地の活用や地域経済の活性化のため、大豆栽培とそれによる豆腐や味噌作りを始めた。
地域の景観点検など岩手県立大学の協力を得て行われている。

今後の展開
現在栽培している大豆については、その規模を増やし、味噌や醤油としての販売を目指す。
いろいろな特産品の開発、加工所とこれらの販売拠点や情報交流の場の整備が将来できればと考えている。

その他
地域通貨、桜街道の整備、日曜朝市などのグループにも多数が参加しており、先進的事例を軽いフットワークでこなし、柳沢地域は「何かがある活気のあるところ」になっている。


お問い合わせ先
〒020-0173 滝沢村滝沢字大石渡1676
電話・ファクス:019-688-3506

柳沢の景観点検ウォーキングの様子の写真
柳沢の景観点検ウォーキング

岩手山麓の森林維持保全のため、牧場の遊休地に広葉樹を植林の様子
岩手山麓の森林維持保全のため、牧場の遊休地に広葉樹を植林

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 地域振興室 県北沿岸・定住交流担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5194 ファクス番号:019-629-5219
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.