エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  地域振興  ›  元気なコミュニティ100選  ›  元気なコミュニティ特選(盛岡広域振興局管内)  ›  岩手町 ふるさと創作サークル「おっほ小学校」


ここから本文です。

岩手町 ふるさと創作サークル「おっほ小学校」

ID番号 N9379 更新日 平成26年1月17日

旧小学校の校舎に展示室を設置したり、ふくろう(おっほ)人形作り教室を開催。地域や町のマスコットとして、各種イベントにも積極的に出店するとともに、町内で母子手帳の交付を受ける妊婦を対象に、メッセージ付きの特製ふくろう人形を贈呈し、地域活性化に貢献している。

「おっほ小学校」はイーナトーブ(いいなぁ東部)の森にあります

活動のきっかけ
平成14年10月、地区の小学校文化祭に出品された一体のふくろう(この地域の方言でおっほ)人形が素材として注目を集め、公民館が制作事業を地域内の各地区で展開しました。
ユニークで独創的なデザインが好評を博し、多くの住民により制作された「おっほ人形」を特別企画展に出品しました。
町内外から好評を博し、「おっほ」が東部地区のイメージキャラクターとして広く認知され、商品化の期待が高まりました。
「おっほ人形」の考案者である山崎カツ氏を中心に、平成17年2月に住民有志9名が「おっほ人形」を通じて地域の魅力をPRしようと、「ふるさとサークルおっほ小学校」を結成し活動を開始しました。

活動の内容
メンバーは農家の主婦が多いため農閑期を中心に、大小さまざまな大きさのぬいぐるみ「おっほ人形」を制作しています。
道の駅「石神の丘」の産直施設で販売するほか、さまざまなお店のイメージに合わせた「おっほ人形」の制作も請け負っています。
町の図書館や小学校に人形を貸し出しており、平成19年1月には、町に母子手帳の交付を受けにきた方に配布するよう、おっほ人形100個を町に寄贈しました。

活動の成果・影響
地区の公民館が主催した地域発信事業に参加し、中心的に活動してきた住民が得意の手芸を生かした地域づくりに取り組んでいる団体です。
大きな「おっほ人形」には、昔使われていた牛乳の運搬缶が使われるなど、地域素材を活用した情報発信は高い評価を得ています。
平成16年7月には、これらの活動が評価され活動の本拠地である北山形公民館は、岩手県優良公民館賞を受賞しました。

今後の展開
これからも「おっほ人形」が地域のイメージキャラクターとして広く認知されるよう、独自の発想で商品開発を行っていきます。
また、商品の販路を拡大し、地域の情報を全国に発信していきたいです。

問い合わせ先
〒028-4211 岩手郡岩手町大字川口29-106
電話:0195-62-9908

小学校の文化祭に出品されたおっほ人形の写真
おっほ人形 その1

おっほ人形のアップの写真
おっほ人形 その2

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 地域振興室 県北沿岸・定住交流担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5194 ファクス番号:019-629-5219
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.