エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  地域振興  ›  元気なコミュニティ100選  ›  元気なコミュニティ特選(盛岡広域振興局管内)  ›  盛岡市 つなぎ町内会


ここから本文です。

盛岡市 つなぎ町内会

ID番号 N9377 更新日 平成26年1月17日

平成18年度の県事業「景観からの地域づくり」の受託を契機に、地域住民と事業者(温泉宿)が一体となった地域の景観啓発活動に力を入れている。

「潤いと癒しの里」つなぎ

活動のきっかけ

つなぎ地区は、御所湖の水面に映える四季折々の美しい自然景観と、盛岡の奥座敷として長い歴史を誇る温泉街である。近年の景気低迷による観光客の減少や、住民の少子高齢化などで地区の活力が低下し、また、地域の宝である美しい景観は、事業者の意向による施設の閉鎖や宿泊施設の大規模な改修による外壁の塗り替えなどにより、ある日突然まちの風景が変わってしまう状況となっている。平成17年度に行われた、盛岡市都市計画マスタープラン地域別構想つなぎ地区のワークショップ開催を契機に、地域のまちづくりへの関心が高まり、「地区の景観がこれ以上変わってしまう前に、一日でも早く何とかしたい。」という住民の思いで活動が始まった。

活動の内容

平成18年度の県事業「景観からの地域づくり(景観点検)」の受託を契機に、地域住民と事業者(温泉宿)が一体となり、景観先進地の視察やワークショップを通じた話し合い、フォーラムでの勉強会を開催した。
視察では優れた景観を肌で感じ、つなぎ地域と比較することにより現状把握を行い、共通意識を持ってワークショップを開催することにより、つなぎ地域の“優れた点”“課題”を話合い、景観の課題に対する改善対策をまとめ、フォーラムでは色彩設計・景観法について勉強を行った。
また、つなぎ観光協会前の水路のフェンス及び同協会の物置に、木製ラティスを取り付け、山菜採り用の腰籠を利用したハンギングバスケットを飾りつけ、地域景観として相応しくないものを覆い隠す“修景”を行うことにより、地域の景観啓発活動を行った。

活動の成果・影響

住民と宿泊者を対象としたアンケートや住民や地元事業者を対象としたワークショップにより出された“つなぎらしさ”の言葉の表現(例えば、落ち着いた、くつろぎ等)を色彩心理分析による都市景観色カラーチャートにあてはめると共に、周辺の自然・景観を検証した結果、スモーキートーンの色彩を基調とした「つなぎ景観色ガイドライン」の基本となる「つなぎ景観色カラーチャート」を住民意見の合意形成により定めた。
今年度、繋小学校校舎改築工事が行なわれることから、この成果を活かす最初の試みとして、地域で集まり小学校校舎・屋内運動場の建物色彩について意見交換会を行い、「つなぎ景観色カラーチャート」に基づく色彩を選定し、その結果を盛岡市へ提言し、地域の意見として採択された。

今後の展開

つなぎ地区の色彩ガイドラインに基づき、将来に向けて地区全体が調和する景観づくりを進めることを目的として、緑化活動や修景活動を継続して実施するとともに、これまでに培われた地域の強い結束力を生かして、自治会本来の目的である地域の課題解決に取組み、地域の皆でつなぐ温かく魅力ある温泉街を目指す。

お問い合わせ先

〒020-0055 盛岡市繋字堂ヶ沢36-1 つなぎ地区活動センター
電話・ファクス:019-689-2365

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 地域振興室 県北沿岸・定住交流担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5194 ファクス番号:019-629-5219
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.