エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  地域振興  ›  元気なコミュニティ100選  ›  元気なコミュニティ特選(盛岡広域振興局管内)  ›  滝沢村 姥屋敷いきいき21推進委員会


ここから本文です。

滝沢村 姥屋敷いきいき21推進委員会

ID番号 N9324 更新日 平成26年1月17日

農産物の特産品化、景観を活かしたまちづくり、通学、防災、観光面を考慮した交通アクセスの改善など、産業振興について地域一丸となって取組んでいる。

健康をつくる白い牛乳、緑の野菜、住むならばお山のふところ 姥屋敷

活動のきっかけ

ブドウ栽培の写真

平成12年に住民参画によって策定された「滝沢地域デザイン」。その推進役として村内10地域にたちあげられた「まちづくり推進委員会」。そのうちのひとつが「姥屋敷いきいき21推進委員会」である。

活動の内容

姥屋敷地域は村内西部、岩手山麓に広がる酪農地帯である。その立地条件から農産物の特産品化、景観を活かしたまちづくり、通学、防災、観光面を考慮した交通アクセスの改善など、様々な地域課題、産業振興について地域一丸となって取り組んでいる。

活動の成果・影響

平成17年から平成18年の2ヵ年にわたって地域住民が取り組んだ「姥屋敷マイロード」事業は、自分達の道は自分達で整備しようという意思の元、用地交渉から重機を使っての作業まで、そのほとんどを住民の手で行ったもので、実施後、各紙マスコミにも大きく取り上げられ、県内外から視察団が訪れるまでになった。

今後の展開

現在「山葡萄」の特産品化に取り組んでおり、遊休農地を活用し栽培している。すでに製造に必要な最低限の整備も導入し、将来のワイン販売に向けて夢を膨らませている。

お問い合わせ先

〒020-0172 岩手郡滝沢村鵜飼字安達143
電話・ファクス:019-680-2603

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 地域振興室 県北沿岸・定住交流担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5194 ファクス番号:019-629-5219
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.