エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  地域振興  ›  元気なコミュニティ100選  ›  元気なコミュニティ特選(盛岡広域振興局管内)  ›  葛巻町 特定非営利活動法人岩手子ども環境研究所(森と風のがっこう)


ここから本文です。

葛巻町 特定非営利活動法人岩手子ども環境研究所(森と風のがっこう)

ID番号 N9318 更新日 平成26年1月17日

平成13年7月に旧上外川分校の廃校を利用し、「森と風の学校」を開校。環境教育の場として、町教育委員会と連携し、子ども居場所づくりに取り組むとともに、会員の確保、若手ボランティアの育成に取り組んでいる。

岩手から廃校再利用のネットワークを作り出そう

活動のきっかけ

かつて地域の結節点であった廃校に、都会を含めた新たな人々と地域の子ども達が共に積極的に関わることのできる仕組みを生み出していくことが「エコマネー」「自然エネルギー」「コミュニティビジネス」「アートと身体」「新たな農のスタイル」といった人間が元気を取り戻す地域実験の可能性を内包していると考え、平成13年7月に旧外川分校の廃校を再利用したエコスクール「森と風の学校」を開校し、「もったいない、ありがたい」を合言葉にパーマカルチャーの手法を取り入れ、循環型の暮らしが実感できる施設づくりを進めています。

活動内容

  • こどもの居場所づくり
    チルドレンミュージアム、プレイパークづくり、心とからだのワークショップの企画・実施
  • エコロジー、エコライフ
    省エネルギー、自然エネルギー教育、環境教育、自然体験プログラムの企画・実施及び教材開発、講師派遣、施設運営計画
  • 地域振興
    地元学研修プログラム、環境まちづくり計画

活動の成果・影響

平成15年に文部科学省の「廃校リニューアル50選」に選出されました。
16世帯、43人しかいない山間部の集落にとって、年間3千人の方が訪れることや、閉校前以上に地域に響き渡る賑やかな子ども達の声は地域の活性化に大きな影響を与えています。

今後の展開

どうしたら地球を守ろうという価値観を私たちは本当に持てるのか。楽しみながら生活を変えられるのか。私たちの生活に必要な科学とはなにか。そこには宮沢賢治の童話「グスコーブドリの伝記」に登場するクーボー博士のがっこうのような、やわらかな想像力とユーモアが必要です。
子どもも大人も、地域の人々も都会の人々も目で見て、これからのエコロジカルな暮らしを生き生きと感じる「新たな広場」を作り出し、あるいは既に各地にある廃校の活用情報をつなぎあい、ゆるやかなネットワークを作り出したいと思っています。

お問い合わせ先

〒028-5403 岩手郡葛巻町江刈42-17
電話・ファクス:0195-66-0646
電子メール:morikaze@mvb.biglobe.ne.jp

森と風のがっこうの写真

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 地域振興室 県北沿岸・定住交流担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5194 ファクス番号:019-629-5219
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.