エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  地域振興  ›  元気なコミュニティ100選  ›  元気なコミュニティ特選(県南広域振興局管内)  ›  奥州市 古代の流れ源流「網代滝」(アジロダキ)を守る会


ここから本文です。

奥州市 古代の流れ源流「網代滝」(アジロダキ)を守る会

ID番号 N9401 更新日 平成26年1月17日

網代滝周辺の道路(林道)草刈や川の清掃や草刈、支流河川の草刈や清掃活動、総合学習(水生生物調査)の水質調査及び水棲生物調査への協力や、子ども達と里山の自然体験活動を行っている。

ようこそ小黒石(コグロイシ)へ 里山を健康な森にしよう

活動のきっかけ
平成7年に旧水沢市広報に網代滝の紹介をし、反響が多くあったがそこに行く道が大変険しく紹介のみにて終了した。いつの日か、広く市民が簡単に立ち寄れる網代滝にしたいと考える。
平成13年から小黒石集落に県工事中山間総合整備事業が導入され、ほ場整備が実施される。田んぼ作業が1年間休止となり、集落民は手が空いた。
この年こそ網代滝を立ち上げる絶好の年であると判断。集落説明をして、集落全戸(36戸)加入した、古代の流れ源流「網代滝」を守る会を設立した。
旧水沢市(現在奥州市)から45万円の補助金をいただき散策路作りや山林に道筋をつけ、橋をかけ石段を取り付け、看板設置し、平成13年9月一般公開となった。その年には、メディアや来訪者がどんどん来ていただき網代滝の景観を楽しんでいただいた。その後の来訪者は、一般者はもちろん、小学生の遠足や若者、写真家や水沢歩こう会の皆さんも多数来ている。

活動の内容

  •  毎年6月中旬頃会員による滝周辺の道路(林道)草刈や川の清掃や草刈、支流河川の草刈や清掃等行っている。
  •  平成14年から現在まで、地元の黒石小学校の総合学習(水生生物調査)の水質調査や水棲生物調査等毎年網代滝に来ている。これらの案内役も行っている。(今年度は、7月8日)
  •  川に親しむことや、田んぼや畑で農業を体験、さらには間伐体験をすることにより、より具体的な自然の良さを知ってもらう。平成16年8月に行われた、水沢エコキッズでは、初の民泊体験活動の場を提供した。エコキッズ活動(地球環境を自然から学ぼう等)は平成17年には、春から冬にかけて通年活動として年10回網代滝がある小黒石集落で実施された(民泊体験あり)。平成18年、19年度もエコキッズ事業を受けいれ、通年自然体験や宿泊体験を実施している。平成20年度には、前沢エコクラブとの交流会も実施、年を通した里山でのエコ活動を実施している。
  •  多方面から来訪者への案内平成17年8月地元黒石小学校の先生方が網代滝や私設公園「小黒石城」エコキッズ畑等に来訪し、案内活動。平成18年には、ドイツスポーツ少年団が来訪、案内活動実施。平成19年度には、国際交流の一環で、モルディブ共和国の方々がエコキッズ活動を視察した。平成20年度は奥州・いわてNPOネットが里山探訪を企画、小黒石の里山を案内。
  •  2年に一回実施している黒石小学校での学習発表会では、網代滝をテーマにした環境創作劇H15「大久保川の桃太郎」平成17年度「私たちの川」平成19年度大久保川のかっぱさいばん」を発表し、地域の皆さんに対し実践発表の場となった。

活動の成果・影響

  •  網代滝等を総合学習することにより、より地元のことがらについて子ども達がますます自信がもてることにつながる。住民と子どもたち、先生方とのコミュニケーションがますます図られる。
  •  エコキッズ活動をしながら農業体験や自然体験さらには民泊体験(平成20年度は7軒で20名受入)をすることにより、都会の子どもたちと、地元の子どもたちとの交流が図られる。
  •  4年前頃から、小黒石集落ではいままで少なかったカジカが多く獲れた。毎年河川清掃を地域でやることにより、川にゴミを投棄する人がいなくなったことや、ほ場整備事業が平成17年度に完了し、ほ場からの漏水がなくなったことも考えられる。
  •  平成18年度から子ども達と一緒に間伐体験を実施しており、森林の持っている魅力や自然環境を考える一歩につながってきている。
  •  小黒石自然体験交流館、愛称は【こぐりん】(網代滝を守る会が市の指定管理者となる)が平成20年7月からオープン、まさに、われわれ団体の活動実績が建物や名称、指定管理者となりえるため培われたものと考える。また、この施設を利用した青少年の自然体験としての基地、あるいはそれをバックアップしている民泊会や、網代滝を守る会の活性化が図られているところ。

今後の展開

  • 平成20年度網代滝の散策路を補修工事中、急峻な場所への手すりを新設中看板も更改予定。完成は11月中旬。
  • エコキッズ事業での民泊体験をはじめ、自然体験や、収穫体験等実践されることで環境の事や生物の事や物の大切さ、森のありがたさ、他地区友達(異年齢)との付き合い方等が習得されていくものと思われる。まさに、教科書にはない学習効果が得られることと思われる。
  • 昔、神社の廻りが遊び場であったが、今は、誰もよりつかない。この、神社付近の散策路整備を行い、「里山散策なら小黒石」のように展開していきたい。そこには、水車小屋の復活と炭焼き小屋の復活、神社の復活と3本柱を考えたい。
  • 現在「里山体験自然林」と名うって環境学習の森を手がけております。この場所での森林の学習や自然観察ができるよう進めており、1期工事完了が平成20年11月29日で、この日に環境学習(森の中に大学の講義場が出現)を開催。

その他
網代滝垂直落差7メートルの醍醐味と、マイナスイオン、サンショウウオやカジカ、サワガニ等水棲生物調査や自然体験(網代滝探訪、大師山ハイク、大久保川カジカ)や農業体験(エコキッズ)、里山景観が楽しめて、そして民泊体験(7軒)ができる。


お問い合わせ先
〒023-0101 奥州市水沢区黒石町字下ノ在家92
電話&ファクス:0197-26-2620

自然体験エコキッズの開校式の写真
自然体験「エコキッズ」の開校式の様子

子ども達による森林環境税PRの看板づくり作業の写真
子ども達による森林環境税PR看板づくり作業の様子

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 地域振興室 県北沿岸・定住交流担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5194 ファクス番号:019-629-5219
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.