エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  地域振興  ›  元気なコミュニティ100選  ›  元気なコミュニティ特選(県南広域振興局管内)  ›  金ケ崎町 金ケ崎町生ごみ堆肥化活用普及研究会


ここから本文です。

金ケ崎町 金ケ崎町生ごみ堆肥化活用普及研究会

ID番号 N9339 更新日 平成26年1月17日

平成16年12月に協議会を設立し、平成18年度から「白鳥地区地域おこし事業」として、白鳥川の環境整備事業、白鳥舘遺跡学習会、地域資源マップ「白鳥マップ」の作成等の活動を行っている。

活動のきっかけ
毎日捨てられる残飯や米のとぎ汁、廃油を何とかしてリサイクルできないかと考え、EM(有用微生物群)を活用した肥料として再利用し、野菜や花を作る土壌改善に使うことから活動が始まった。当初30名程度であった会員であるが、現在は175名となり、その活動は会員以外にも広がりを見せている。

活動の内容
小学校との活動が多く、米のとぎ汁を使った米のとぎ汁EM発酵液による学校プールの清掃及びそのプールの水による河川の清流化のほか、EM石鹸作りを児童と一緒に行っている。新たな取り組みとしてEMだんご(EMぼかし、米のとぎ汁及び土で作る泥だんご)を児童たちと作り、川へ投げ入れ、河川をきれいにする活動を行っている。
そのほか、年に1回、各地区生涯教育センター会場に生ごみ堆肥化活用講座を実施するとともに、この講座の参加者や会員の知人などへの出前講座も随時実施している。

活動の成果・影響
町内小学校とのかかわりが強く、児童を通してその家庭へもEMを活用した生ごみ堆肥化の啓蒙普及が進んでいる。そのほか、継続的に行っているEM活用によるプール清掃により河川の清流化が進んでいる。

今後の展開
EMの活用方法としては目新しいものもたくさんあるが、いままでやってきた活動を継続することにより10人でも20人でも生ごみ堆肥化しようとする人を増やしていきたい。

お問い合わせ先
〒029-4501 胆沢郡金ケ崎町六原前二ツ森20-2
電話・ファクス:0197-43-3664

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 地域振興室 県北沿岸・定住交流担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5194 ファクス番号:019-629-5219
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.