エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  地域振興  ›  元気なコミュニティ100選  ›  元気なコミュニティ特選(県南広域振興局管内)  ›  西和賀町 かたごの会


ここから本文です。

西和賀町 かたごの会

ID番号 N9335 更新日 平成26年1月17日

カタクリ群生地の保護・保全のため、地域の女性世帯全戸加入による組織として結成。カタクリ群生地及びその周辺の植物・生態系の保全活動とともに、観光スポットとしての環境整備に努めている。カタクリ群生地の保護・保全のため、地域の女性世帯全戸加入による組織として結成。カタクリ群生地及びその周辺の植物・生態系の保全活動とともに、観光スポットとしての環境整備に努めている。

あそび心とふれあいを求めて!

カタクリと山桜の開花写真

活動のきっかけ
安ケ沢カタクリ群生地はカタクリの開花時期に山桜も咲き、めずらしいカタクリも咲くことから口コミで人気を集めるようになり、平成7年頃から県内外から行楽客が年々増加する傾向にあり、群生地が荒れる状況となった。
地域住民より保護・保全の声が高まり、有志による提案から女性世帯全戸加入による組織を結成、平成10年に「かたごの会」が発足した。

活動の内容
カタクリ群生地及びその周辺の貴重な植物や生態系の保全をしながら、群生周辺を散策しやすく整備し、自然を生かした観光スポットとしての魅力を十分引き出せるような環境整備に努めている。また、春の行楽シーズンには「安ケ沢カタクリまつり」を企画し、行楽客らに周辺の見所を案内したり、農産物の加工品をはじめ山菜などを取り揃えた物産販売を行うなど地域おこしイベントに取組んでいる。今年は10周年を記念して来訪者に紅白餅を振舞って歓迎した。また今年はカタクリ栽培を目指し、試験的にカタクリの種を採取し、35平方メートルに播種した。

活動の成果・影響
カタクリ群生地の保護、保全活動を通してこの地域の伝統的な結いの心が一体となって、地域で支えあう体制ができた。このことはカタクリまつりを10年間開催し続けられたことにつながっている。
カタクリの花以外にも山桜やミズバショウ、沼地に生息するクロサンショウウオなどにも人気があり、今年のかたくりまつりは7,000人に上る行楽客が訪れた。この波及効果により地域の様々な行事も盛り上がりをみせている。

今後の展開
地元産物の(山菜、漬物、穀類)加工試作、工夫して販売したい。
カタクリの栽培による、苗の販売、カタクリ粉の生産も検討中である。

お問い合わせ先
〒029-5701 和賀郡西和賀町沢内字川舟39-11-4
電話:0197-85-2824

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 地域振興室 県北沿岸・定住交流担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5194 ファクス番号:019-629-5219
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.