エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  地域振興  ›  元気なコミュニティ100選  ›  元気なコミュニティ特選(県南広域振興局管内)  ›  遠野市 上一日市おかみさんの会(カミヒトイチオカミサンノカイ)


ここから本文です。

遠野市 上一日市おかみさんの会(カミヒトイチオカミサンノカイ)

ID番号 N9329 更新日 平成26年1月17日

平成12年2月に遠野商工会女性部が「遠野町家のひなまつり」を復活させた際、市内で古雛を所有する店が一番多い商店街の「おかみさん」達が会を結成。「遠野町家のひなまつり」を通じた地域おこし活動に取り組んでいる。

お雛様の写真

活動のきっかけ
平成12年2月に遠野商工会女性部が「遠野町家のひなまつり」を復活させた。この際、遠野町内で古雛を所有する店が一番多く軒を並べている一日市商店街の「おかみさん」達が当会を結成し、事業に取組んだのが始まりである。

活動の内容
毎年2月末から3月初めに開催される「遠野町家のひなまつり」で、各店々が古雛を公開するとともに、保育園や児童館の子どもたちが作ったひなまつり作品を借用し、各々の業種に合わせてショーウインドウに飾るなどの工夫を凝らしながら「ひなまつり」を演出し、店々で個性を持って繰り広げる町家のもてなしが好評である。
また、商店街の中へのイベント会場開設も提案しながら、日替わりで日舞や、琴、琵琶の演奏を企画するとともに、特設会場では、ひなだんごの販売とひといちだんご汁、味噌こんにゃく等も販売して人気を博している。
このほか、一日市商店街振興協同組合事業(宇迦神社例大祭、遠野物語にもでてくる池端の石臼祭等)に協力。

活動の成果・影響
今年度で9年目を迎えるひなまつりは回を重ねる毎に来場者数が増えてきている。平成18年度は3万2千人を数えた。
開催前までの2月3日は閑散期であったことから、商店街活性化に大いにつながっている。
開催期間中はどの店も販売に工夫を凝らし、県内外から訪れるお客様との交流の場に活用している。
おかみさん達の頑張りが親会への働きかけとなり商店街活動のカレンダーを充実させている。

今後の展開
商店街の活性化にむけて、さらに新しい企画を打ち出し、ゆっくり、ゆったり、心豊かに進めていきたい。健やかな子どもの成長と幸せを願うひなまつりを地域の子どもたちと楽しみ三世代間交流の場として取り組む。おかみさん同士、お互いの人形の歴史や物語を学習し合い、ひなまつりを通して、遠野南部のお殿様がもたらした町家の文化を次世代に受け継がせていきたい。

お問い合わせ先
〒028-0523 遠野市中央通り1-7
電話:0198-62-2236
ファクス:0198-62-0855

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 地域振興室 県北沿岸・定住交流担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5194 ファクス番号:019-629-5219
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.