エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  地域振興  ›  元気なコミュニティ100選  ›  元気なコミュニティ特選(県北広域振興局管内)  ›  洋野町 水沢地域づくり推進部会


ここから本文です。

洋野町 水沢地域づくり推進部会

ID番号 N9389 更新日 平成26年1月17日

閉校した小学校の校舎にパン工房を整備し、地域の就労と憩いの場として活用しているほか、大野ダム周辺の桜の植樹と環境整備、看板の整備等を行い、地域づくりに取り組んでいる。

みっちゃあミュージアム

活動のきっかけ

パン工房の写真

水沢地域づくり推進部会は、平成16年3月で閉校した水沢小学校の閉校式実行委員会のメンバーを中心に、平成16年1月に設置された。
地域の活性化の核ともいえる小学校の閉校により地域の衰退が危惧されるなか、水沢地域づくり計画策定、パン工房のオープン、みずさわ縄文きてけろ祭などによりこれまで以上の地域の活性化を成功させている。

活動の内容

水沢地域づくり推進部会では、旧水沢小学校の廃校と町に唯一のダムを活用した地域づくりと地域の活性化を図っている。
「みずさわ縄文きてけろ祭」は平成19年度で第4回を数える恒例の行事として、縄文文化展・地域の写真展・交流行事などを開催している。
また、ダム周辺への植樹、草刈りなどの管理も行っている。廃校を利用した「おおのパン工房」も盛況で地域の就労の場となっている。

活動の成果・影響

廃校となった旧水沢小学校を中心に、若者の就労の場、地域の憩いの場、町内外のお客さんとの交流の場として地域の活性化が図られている。
また、ダム周辺の植樹・環境整備により地域内の自然環境保護意識の高揚が図られている。

今後の展開

水沢地域づくり計画である「みっちゃあミュージアム構想」を基本として、また、旧水沢小学校・ダム・パン工房を有効に活用した活動により、地域内外の交流を促進し、さらなる地域の活性化を図るものである。

問い合わせ先

〒028-8805 九戸郡洋野町水沢7-60
電話・ファクス:0194-77-5038

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 地域振興室 県北沿岸・定住交流担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5194 ファクス番号:019-629-5219
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.