エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  地域振興  ›  元気なコミュニティ100選  ›  元気なコミュニティ特選(県北広域振興局管内)  ›  軽米町 ミル・みる会


ここから本文です。

軽米町 ミル・みる会

ID番号 N9373 更新日 平成26年1月17日

町特産品販売所「ミル・みるハウス」を拠点とし、無農薬の雑穀を使用した商品の拡大を図りながら、生産者の見える野菜・漬物等の販売活動を行っている。

お客様を大切に

活動のきっかけ
生産農家の活性化を目指して、平成11年の町特産販売施設「ミル・みるハウス」の拡張時、町内有志18人が同施設内での産地直売所の運営を要望し実現。その後、町の特産品である雑穀の生産振興を目指し、ポン菓子として商品化。無農薬の雑穀を使用した商品の拡大を図りながら、生産者の見える野菜・漬物等を販売している。

活動の内容
町特産品販売所「ミル・みるハウス」を活動拠点とし、野菜・漬物やへっちょこだんご、雑穀入り串もち等の加工品に生産農家の氏名をラベル表示にするなど、消費者に新鮮さと安心・安全を提供している。
特選の雑穀が消費者から受け入れられやすいよう、無農薬の雑穀にこだわりながら、米と合わせるなどの研究を重ね、商品の拡大を図っている。高齢会員も栽培技術を生かし、生産者として積極的に参加している。

活動の成果・影響
固定客を得るなど、販売収入が伸び、会員に活力が生まれている。また、町特産品の雑穀の生産振興・イメージアップに貢献、同会が商品化した「五穀せんべい」と「五穀おこし」は、岩手県ふるさと食品コンクールで優良賞・優秀賞を受賞している。
また、農薬指導アドバイザー1人、エコファーマー3人、職の匠1人の取得者を出し、地域の中でも活躍している。

今後の展開
会の活動を次世代に引き継ぐため、会員の参加はお嫁さんも一緒に参加するよう誘導し、世代交流の拡大を図っている。
販売量の増加に伴い、加工室の拡大を検討しているほか、「お客様に愛される店」を目指し、商品・接遇等の向上に努めている。

お問い合わせ先
〒028-6221 軽米町大字晴山22-38-1
電話・ファクス:0195-47-1806
 

ミル・みるハウスの集合写真

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 地域振興室 県北沿岸・定住交流担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5194 ファクス番号:019-629-5219
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.