エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  地域振興  ›  元気なコミュニティ100選  ›  元気なコミュニティ特選(県北広域振興局管内)  ›  軽米町 軽米エゴマの会


ここから本文です。

軽米町 軽米エゴマの会

ID番号 N9372 更新日 平成26年1月17日

エゴマの活用による町民の健康増進と雑穀栽培の充実を図るとともに、町の特産品として県内外に販売・PR活動を展開している。

エゴマで健康増進を図る町

活動のきっかけ
町内で古くから栽培されてきたエゴマは、血液サラサラにするなど健康によいとされている。また、エゴマは雑草の繁茂を防ぎ、無農薬で栽培できるため、町が振興を図る無農薬の雑穀との輪作体系を確立する上で最適な作物であるとして、その特性に着目し、生産者をはじめとする町民の健康増進と雑穀栽培の充実、遊休農地の解消に有効な作物として普及推進することを目的に、町内有志で結成することとなった。

活動の内容

  • 搾油機(写真参照)を利用し、商品化に向けた試行として生産者の持込によるエゴマ油の搾油
  • エゴマ油の商品化に向けた調査研究(ドレッシング・マヨネーズ)
  • 搾油後の搾りかすを利用した商品の調査研究(油と同様の成分・甘さを生かしたうどんやひっつみ、せんべい)
  • 会員を通じたエゴマの栽培普及

活動の成果・影響

  • 搾油機の導入(平成18年度:3,291,000円)
  • 平成18年度の栽培面積は1.75ヘクタールから平成19年度は2.00ヘクタールに拡大した。
  • 商品化も視野に入れているため、栽培農家の目標になり活力が増進している。

今後の展開
町民の健康増進につなげるため、日常的に摂取する食品として地産地消の推進を図ることとしている。
商品化による販売を最終目的とはしていないが、平成19年産から町内産直施設や都市部の生協を通したエゴマ油の販売を予定しており、栽培面積の拡大と遊休農地の解消、町内産の安全安心のPRにつなげたい。

お問い合わせ先
〒028-6301 九戸郡軽米町大字上舘28-44
電話・ファクス:0195-46-3769

搾油機の写真

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 地域振興室 県北沿岸・定住交流担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5194 ファクス番号:019-629-5219
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.