エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  地域振興  ›  元気なコミュニティ100選  ›  元気なコミュニティ特選(県北広域振興局管内)  ›  二戸市 ぎばって足沢・70の会


ここから本文です。

二戸市 ぎばって足沢・70の会

ID番号 N9365 更新日 平成26年1月17日

地域の活性化を目指し、都市と農村の交流人口を拡大するため、地域資源・特色を生かした各種のイベント等を実施し、地域活性化への取り組みを進めている。

農業集落によるコミュニティビジネスの起業

活動のきっかけ
足沢では部落会で地域の活性化をめざし、畑の苗植え体験、冬の小正月まつりなどで街の人たちと体験交流を行ってきた。その後、事業に関わった者が話し合った結果、集落内に経済効果をもたらすことが必要であるとして、収益事業に焦点を絞った実行組織「ぎばって足沢・70の会」を発足させた。(ぎばってはきばっての強調語)

活動の内容
収穫祭の「小正月体験」(写真参照)や「足沢の旬を楽しむ会」(写真参照)などを行い、地域内外から多くの人を集めた。そこでは参加した親子のための野菜収穫、動物とのふれあい、田舎遊び、そば打ちなどの体験メニューが用意されたほか、足沢産の食材を使った手料理なども振る舞われ、交流が繰り広げられた。
また、夜市への出店、キノコのオーナー制度、パソコン教室などにも取り組んでいる。

活動の成果・影響
多くの人たちが地域外から訪れたことにより、地元の人たちにも分からなかった地域の宝の大切さ、素晴らしさを再認識し、地域住民の誇りと自信につながった。
また、地域経済が活性化し、コミュニティの活性化に大いに寄与している。

今後の展開
新たな展開としてグリーンツーリズムによる山菜採り体験などを追加しながら、今後においても「秋の旬を楽しむ会」や「小正月体験」などの交流事業による地域経済の活性化を推進していく。
今までの活動の中で確実に増えつつある足沢ファンとの繋がりを大切にしながら都市と農村との交流の拡大に努め、集落の活力を見いだしたい。

お問い合わせ先
〒028-6724 二戸市足沢字狐森34
電話・ファクス:0195-28-2354
 

餅つきの写真

玉ねぎ採取の写真

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 地域振興室 県北沿岸・定住交流担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5194 ファクス番号:019-629-5219
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.