エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  教育・文化 ›  文化・芸術  ›  文化芸術振興  ›  【終了しました。】「超人スポーツオープンセミナー」の開催について


ここから本文です。

【終了しました。】「超人スポーツオープンセミナー」の開催について

ID番号 N56980 更新日 平成29年7月20日

※「超人スポーツオープンセミナー」は終了しました。
岩手県では、最新のテクノロジーを使用することにより、年齢や身体能力、障がいの有無等に関わらず誰もが楽しむことができる新しいスポーツ(超人スポーツ)を生み出す取組が始まっています。
本県における更なる普及を図るため、超人スポーツ協会の皆様等をお招きし、超人スポーツの未来について語ります。

開催趣旨

岩手県では、最新のテクノロジーを使用することにより、年齢や身体能力、障がいの有無等に関わらず誰もが楽しむことができる新しいスポーツ(超人スポーツ)を生み出す取組が始まっているところであり、本県における更なる普及を図るため、超人スポーツ協会の皆様等をお招きし、超人スポーツの未来について語るもの。

開催概要

開催日時 

平成29年7月16日(日曜日)16時30分から18時まで(16時開場) 

場所

オガール紫波 情報交流館大スタジオ (紫波郡紫波町紫波中央駅前2-3-3) 

http://studio.town.shiwa.iwate.jp/guidemap

内容・登壇者 

  1. 「超人スポーツとは」 超人スポーツ協会理事(事務局長)/慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 准教授 南澤 孝太 氏
  2. 「超人スポーツが生み出す未来の街と文化」 超人スポーツ協会共同代表/東京大学先端技術研究センター 教授 稲見 昌彦 氏
  3. 「オガールとスポーツ」 紫波町企画課公民連携室長 鎌田 千市 氏
  4. 「超人スポーツの実現に向けて」 産業技術総合研究所デジタルヒューマン工学研究センター センター長 持丸 正明 氏
  5. 「超人スポーツとenPiTプログラムとの連携」 岩手大学理工学部 特任准教授(enPiT担当) 三上 昌也 氏

参加費

無料

主催

岩手県

協力

超人スポーツ協会

超人スポーツとは?

最新の研究分野である「人間拡張工学」に基づきスポーツとテクノロジーを融合した、年齢や身体能力、障がいの有無等に関わらず誰もが楽しむことができる可能性を秘めた人機一体の新しいスポーツです。
スポーツとテクノロジー、文化を融合した新しい競技を生み出すことにより、スポーツの分野そのものが広がるものと期待されています。
⇒ 詳しくは、超人スポーツ協会ホームページをご覧ください。

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

文化スポーツ部 文化振興課 文化交流担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-6286(内線番号:6286) ファクス番号:019-629-6484
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.