エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  安全・安心  ›  生活衛生  ›  クリーニング業に関すること


ここから本文です。

クリーニング業に関すること

ID番号 N22174 更新日 平成29年6月30日

クリーニング業について

クリーニング所とは、水、洗剤、溶剤などを使って衣類などの繊維製品・皮革製品を洗濯したり、洗濯物の受け渡しをしたりする施設です。つまり、施設内で洗濯物の処理をする場合はもちろんのこと、いわゆる「取次店」もクリーニング所となります。また、店舗を構えずに洗濯物の受け渡しをする場合(無店舗取次店)も、保健所への届出が必要です。
そして、洗濯物の処理をするクリーニング所には、クリーニング師(都道府県知事免許)を置かなければなりません。

関係法令

様式ダウンロード(問い合わせ先)

コインオペレーションクリーニングについて

コインオペレーションクリーニング営業施設(コインランドリー)は、クリーニング業法の対象ではありませんが、人々が衣類などを洗濯するために利用するという性質上、その衛生確保が強く望まれることから、コインオペレーションクリーニング営業を行う場合、保健所への届出をお願いしています。

 

クリーニング師

クリーニング師研修及び業務従事者講習

クリーニング師の研修

クリーニング所の業務に従事するクリーニング師は、業務に従事した後1年以内に、厚生労働大臣の定める基準に従い都道府県知事が指定した研修を受けなければなりません。
その後、3年を超えない期間ごとに研修を受ける必要があります。

業務従事者に対する講習

クリーニング所の営業車は、クリーニング所の開設後1年以内に、業務従事者の5分の1の者に、厚生労働大臣の定める基準に従い当道府県知事が指定した講習を受けさせなければなりません。
その後3年を超えない期間ごとに講習を受けさせる必要があります。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

環境生活部 県民くらしの安全課 生活衛生担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5357 ファクス番号:019-629-5279
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.