エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  安全・安心  ›  交通安全  ›  交通安全計画・県民運動実施要領  ›  平成29年度正しい交通ルールを守る県民運動実施要綱(概要)


ここから本文です。

平成29年度正しい交通ルールを守る県民運動実施要綱(概要)

ID番号 N53156 更新日 平成29年2月27日

概要版は、こちらからもダウンロードできます。

趣旨

 本県民運動は、人命尊重の理念の下、交通事故の撲滅を目指して、全ての県民が交通安全思想の高揚に努め、正しい交通ルールの遵守と交通マナーの実践を通じて、安全で快適な交通社会を築くため、県を始めとする関係機関・団体及び地域住民が一体となって、県民総参加による交通安全運動を強力に推進するものである。

期間

平成29年4月1日から平成30年3月31日までの1年間

年間スローガン

「希望郷 いわての願い 無事故の絆」

 

運動の基本

【高齢者と子どもの交通事故防止】 【被災地域の交通事故防止】

 県内では、交通事故死者に占める高齢者の割合が全国平均を大きく上回って7割弱を占めているほか、全事故に占める高齢者事故の割合が高い状況にあること、被災地域及び被災地域への幹線道路においては、復旧・復興活動に伴う交通量の増加により交通事故の危険性が高まっていることから、次代を担う子どもを輪禍から守るとともに、これらの交通事故情勢に対処するため、「高齢者と子どもの交通事故防止」「被災地域の交通事故防止」を運動の基本とする。
 なお、第10次岩手県交通安全計画では、平成32年までに年間の「死者数50人以下」「交通事故発生件数1,900件以下」「死傷者数2,400人以下」とする目標を掲げている。

高齢者の交通事故防止のための推進事項

  • 高齢者対象の交通安全教室への参加促進と高齢者在宅家庭訪問時の交通安全指導による交通ルールと交通マナーの定着化
  • 高齢歩行者・電動車いす利用者・自転車利用者への交通安全指導、保護・誘導活動
  • 反射材用品等の効果の周知と着用
  • 高齢運転者標識(高齢者マーク)の表示促進と安全運転の励行
  • 運転免許証自主返納制度の周知及び自主返納者に対する支援対策
  • 道路横断時の確実な安全確認の励行
  • 高齢者マークや障がい者マーク等を表示した車両や高齢歩行者・自転車利用者に対する「思いやり運転」の実施
  • 加齢に伴う身体機能の変化が交通行動に及ぼす影響などについて、参加・体験・実践型の講習等を利用した安全指導を実施

子どもの交通事故防止のための推進事項

  • 交通安全教室等による歩行者、自転車利用者としての交通ルール・交通マナーの定着化
  • 子どもを輪禍から守るための街頭における交通安全指導の実施
  • 登下校時の安全確保のための関係機関・団体による通学路の安全点検と家庭における子どもへの適切な助言
  • 交通安全教育の場に保護者等も積極的に参加し、家族や地域ぐるみで交通安全行動の実践と適切な指導助言を実施
  • 通学(園)路等子どもが通行する場所での安全速度の遵守

被災地域の交通事故を防止するための推進事項

  • 歩行者、運転者ともに確実な安全確認を励行
  • 夕暮れ時間や夜間外出時の反射材用品等の着用
  • 運転者のスピードダウンの励行と地域の道路環境に応じた思いやり運転の実施
  • 復興関連事業所における安全運転管理の徹底
  • 被災地域に対する交通事故情報等の周知と街頭啓発活動等による交通安全意識の高揚 

重点項目と推進事項

運動の基本を念頭におきながら、以下5項目を重点項目として具体的に取り組むものとする。
 

重点項目

ライトの早め点灯・反射材用品等の着用 

  夕暮れ時間帯・夜間の歩行者が関係する事故は発見の遅れが要因の一つであり、特に9月以降、日没後の重大事故が多発することから、相互に気づき気づかせる「ライトの早め点灯(※1)」「反射材・LEDライトの着用」等3(サン)ライト運動(※2)を推進する。 
 

スピードダウンの徹底

  スピードの出し過ぎは、運転者の視野を狭くし、危険の発見や緊急時の判断を遅らせるほか、交通事故時の衝撃が大きくなるなど、重大な交通事故をもたらすことから、制限速度を守ることはもちろん、交通環境や道路状況に応じた安全な走行速度の実践を推進する。

後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシート着用

  県内のシートベルト着用率は、運転席・助手席は高いものの、一般道路での後部席は低い状況にあることから、後部座席を含めた全座席でのシートベルトの着用の効果と重要性を周知して着用率を高め、交通安全への意識付けと交通事故発生時の被害軽減を図る。 

飲酒運転の根絶

  少しのアルコールでも運転への影響は大きく、また、事故当事者の人生にも多大な影響を与える重大な犯罪である飲酒運転の根絶を目指す。 

自転車の安全利用の推進

  自転車利用者に「自転車は車両である」ことを自覚させ、左側の通行・整備不良車運転の禁止など交通ルールの遵守と交通マナーの実践、各種保険制度への加入により、安全な自転車利用を推進する。

1 9月21日(秋の全国交通安全運動初日)から3月31日の間は、午後4時からのライト早め点灯を呼びかける。
2 警察本部では、夕暮れ時間帯から夜間の歩行者事故防止のため、3(サン)ライト運動((1)ライトの早め点灯・原則上向きライト(ハイビーム)走行、(2)反射材用品、LEDライト等の着用、(3)右からの横断者、左からの車に注意)を推進している。

 

推進事項

 家庭では

  • 夕暮れ時や夜間外出時、特に9月以降は、日没が日に日に早まることを自覚し、高齢者を始め家族全員が反射材用品等の着用を習慣付ける。
  • 道路横断の際は、横断歩道を渡り、近くに横断歩道がない場合は、明るい場所や見通しの良い場所を選び、左右の安全確認を徹底し、無理な横断はしないことなど横断時の安全確認について声かけをする。
  • 自動車運転者には、夕暮れ時のライト早め点灯や原則上向きライト走行(ハイビーム走行)を呼びかける。
  • 車も自転車もスピードが出るほど危険性が増すことを認識し、市街地や交差点、カーブ等におけるスピードダウンを行い、安全なスピードで走行するよう注意し合う。
  • 後部座席を含めた全ての座席のシートベルト・チャイルドシート着用の必要性と効果について家族で話し合い、後部座席においても正しく着用する。
      注:妊娠中であっても、母体と胎児を守るため、医師の指導を受けながら正しい着用に努める。
  • 飲酒運転の危険性を家族で話し合い、「飲酒運転4(し)ない運動」を実践し、家族から飲酒運転に関与する人を出さない。
  • 交通ルールや自転車の正しい乗り方を家族で習得するとともに、児童・幼児を自転車に乗車させるときのヘルメット着用や反射材を含む自転車の点検整備を確実に行う。
  • 自転車利用者が加害者となり損害賠償を請求されるケース等を話し合い、TSマーク(※3)等の各種保険制度を理解の上で加入・更新する。

 地域・職場・学校では

  • 交通安全教室や各種行事、学校でのホームルーム等を活用して、反射材用品等の効果について周知し、普及・着用を促進する。また、後部座席を含めた全ての座席のシートベルト・チャイルドシート着用を徹底する。
  • 安全運転管理を徹底し、ゆとりのある運転計画を立て、スピードの出し過ぎ「しない」「させない」を徹底する。 
  • 職場内における朝礼・会議等を利用して交通安全啓発を行う。また、自動車運転者には、夕暮れ時のライトの早め点灯、夜間の原則上向きライト走行を呼びかける。
  • 飲酒運転の危険性と反社会性について従業員等に指導するとともに、ハンドルキーパー運動(※4)を周知し、飲酒運転を絶対にさせない。
  • 毎月8日の自転車安全指導の日を中心に、子どもや高齢者に自転車安全利用五則や左側通行などの正しい自転車の乗り方を指導する。
  • 自転車講習会へ積極的に参加するとともに、各種保険制度への加入など自転車安全利用意識の向上に努める。
  • 自転車の事故事例を教示しながら、ヘルメット着用の必要性を周知する。

関係機関・団体では

  • ライトの早め点灯、夜間の原則上向きライト走行、反射材用品等の着用などの模範的な交通行動を示す。
  • 街頭活動を通じて、反射材用品を高齢者を始めとする歩行者・自転車に直接貼り付けるなど、その普及・着用を促進する。
  • 農作業車両及び積荷への反射材用品の装着を促進する。
  • スピードがもたらす危険性等の啓発活動を推進し、スピードダウンの気運を醸成する。
  • 後部座席を含めた全ての座席のシートベルト・チャイルドシート着用は法律で定められていることを周知するとともに、実技講習会等で正しい装着方法を教え、着用を徹底させる。
  • 各種広報や行事を活用して、飲酒運転に伴う運転者・同乗者・酒類提供者等に対する処罰規定を周知し、ハンドルキーパー運動(※4)やアルコール検知器の活用を促進し、飲酒運転の根絶を図る。
  • 自転車に乗りながらの携帯電話、ヘッドホン等の使用などの禁止行為を定めた法令や自転車安全利用五則などにより、自転車利用時の交通ルールの周知と交通マナーの向上を図る。
  • 自転車利用者が加害者となり、損害賠償を請求されることがあることから、各種保険への加入・更新と適切な点検整備が重要であることを周知する。

運転者は

  • 夕暮れ時には、歩行者や他の車両に自車の存在を知らせるため、ライトを早めに点灯(雨天・曇天等の天候不良時のライト点灯を含む)し、夜間は、こまめにライトを切り替える原則上向きライト走行を励行し、早めに歩行者・自転車を発見することにより交通事故の防止を図る。
  • 時間にゆとりを持った早めの出発と、長距離を運転するときは無理のない運転計画でスピードの出し過ぎを防止する。
  • 雨や積雪・凍結などの交通環境に応じた適正なスピードダウンによる安全運転を実践し、スリップ事故を防止する。
  • 同乗者の安全を守る責任があることを自覚し、シートベルトを自ら正しく着用するとともに、後部座席を含めた全ての同乗者にシートベルト、チャイルドシートを正しく着用させる。
  • 飲酒運転の危険性、違法性、責任の重大性を認識し、飲酒運転は絶対にしない。
  • 運転中に携帯電話を操作することは、注意力が散漫になったり、運転操作を誤るおそれのある危険な行為であると認識し、いわゆる「ながらスマホ」はしない。
  • 横断歩道は、歩行者が優先であることを自覚し、横断しようとしている歩行者がいる場合は、必ず一時停止して歩行者を先に通行させる。
  • 信号機や横断歩道のない交差点でも、横断しようとする歩行者がいる場合は、歩行者の横断を妨げないようにする。

自転車利用者は

  • 自転車も車両であることを再確認し、交通ルールを遵守し、交通マナー向上とTSマーク(※3)等の保険加入・更新と適切な点検整備に努める。
  • 歩道通行時は歩行者優先であることを自覚し、歩行者の通行を妨げるときは必ず一時停止する。
  • 自転車運転中の携帯電話等は、注意力が散漫になったり、運転操作を誤るおそれのある危険な行為であることを認識し、いわゆる「ながらスマホ」はしない。
  • ヘッドホンやイヤホンを使用して音楽を聴くなど、安全な運転に必要な音や声が聞こえないような状態で自転車を運転しない。

歩行者は

  • 夕暮れ時や夜間外出時には、反射材用品等を着用する。
  • 道路を通行する者の一員として、交通ルールの遵守と交通マナーの向上が必要であることを再確認する。
  • 道路横断の際は、横断歩道を渡り、近くに横断報道がない場合は、明るい場所や見通しの良い安全な場所を選び、左右の安全確認を徹底し、無理な横断はしない。
  • 特に高齢歩行者は、夕暮れ時や夜間の外出を控え、夜間に及ぶ際は、明るい服装と反射材用品等を着用するほか、加齢による身体の機能の変化を認識し、車両との距離を十分にとり、または、車両が停止したのを確認して安全に横断する。
  • 携帯電話等の画面を見ながらの歩行は、注意力が散漫になり、周囲を巻き込んでの事故となるおそれがある危険な行為であることを認識し、いわゆる「歩きスマホ」はしない。

※3 TSマークは自転車安全整備店で点検・整備を受けると自転車に貼られるマーク(有効期間1年)で、賠償責任保険と傷害保険が付帯されている。
4 自動車で飲食店等に行く場合、飲まない人(ハンドルキーパー)を決め、その人は酒類を飲まず、仲間を安全に自宅まで送り届けるという運動のこと。     

 

季節運動

  時節に応じて集中的に注意を喚起する運動は、交通安全の意識付け及び交通事故防止に有効であることから、春と秋の全国交通安全運動、夏季、冬季及び高齢者の横断事故等が多発する10月下旬の交通事故防止県民運動のほか、5月の自転車月間に合わせ、自転車の安全利用推進期間を展開する。

春の全国交通安全運動

4月6日(木曜日)から4月15日(土曜日)までの【10日間】

  1. 子どもと高齢者の交通事故防止
  2. 歩行中・自転車乗用中の交通事故防止(自転車については、特に自転車安全利用五則の周知徹底)
  3. 後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  4. 飲酒運転の根絶

スローガン「 おともだち むこうにいても みぎひだり 」

交通事故死ゼロを目指す日 

4月10日(月曜日)
「春の全国交通安全運動」の趣旨、重点等を周知し、交通安全行動を促す。

 

自転車の安全利用推進期間

5月8日(月曜日)から5月17日(水曜日)までの【10日間】

  1. 自転車の交通ルールの遵守及び歩行者等に配慮した安全利用の促進 
  2. 飲酒運転、二人乗り、傘さし、携帯電話使用、ヘッドホン使用等の危険な行為の禁止

スローガン 傘・スマホ 片手運転 事故のもと  

 

夏の交通事故防止県民運動

8月1日(火曜日)から8月10日(木曜日)までの【10日間】

  1. 暑さなどによる過労運転の防止
  2. 夏休み中の子どもの交通事故防止
  3. 後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  4. 飲酒運転の根絶

スローガン 「 抱っこより 深い愛情 チャイルドシート 」 
 

秋の全国交通安全運動

9月21日(木曜日)から9月30日(土曜日)までの【10日間】

交通対策本部決定に準ずる

スローガン 「 身につけよう 命のお守り 反射材 」


交通事故死ゼロを目指す日

9月30日(土曜日)
「秋の全国交通安全運動」の趣旨、重点等を周知し、交通安全行動を促す。

高齢者の交通事故防止県民運動

10月17日(火曜日)から10月31日(火曜日)までの【15日間】

  1. 人も車も自転車も「止まって確認」の励行
  2. 反射材用品等の着用推進
  3. ライトの早め点灯、原則上向きライト走行の推進 

スローガン 「 まだ行ける 渡れそうでも 待つゆとり 」

冬の交通事故防止県民運動

12月1日(金曜日)から12月10日(日曜日)までの【10日間】

  1. 冬道用タイヤ装着の徹底
  2. 飲酒運転の根絶
  3. スピードダウンの徹底
  4. 反射材用品等の着用推進

スローガン 「 気のゆるみ 一杯だけが 命とり 」 

交通安全活動の日

 月毎に特定日を設けて交通安全の意識付けを図り、安全行動の実践を促進することを目的とした交通安全活動の日及びその活動推進事項は、以下のとおりとする。

岩手県交通安全の日(毎月1日)

 月の初めに交通安全意識を新たにし、一日無事故及び月間無事故を誓い、県民総ぐるみで交通事故防止を推進することを目的とする。 

岩手県自転車安全指導の日(毎月8日)

 自転車による交通事故及び歩行者の被害を防止するため、適正な利用の指導を推進することを目的とする。

岩手県シルバー交通安全指導の日(毎月17日)

 高齢者の交通事故防止と高齢者が安全に住める交通環境を確保するための諸対策について、総合的に推進することを目的とする。

 

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

環境生活部 県民くらしの安全課 県民生活安全担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5330 ファクス番号:019-629-5279
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.