エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  安全・安心  ›  食品安全情報  ›  食品安全情報  ›  食品等の自主的な回収の報告制度


ここから本文です。

食品等の自主的な回収の報告制度

ID番号 N2808 更新日 平成28年3月10日

制度の趣旨

「食品等の自主的な回収の報告」制度は、岩手県食の安全安心条例(平成22年7月9日施行)で定める特定事業者が、健康への悪影響の未然防止や拡大防止の観点から行う自主回収について、その着手時及び終了時の県への報告を義務化し、その内容を県民に提供することで、県民の健康被害の未然防止及び拡大防止を図り、県内に流通する食品等の安全性を高めるとともに、食品等と食品関連事業者に対する県民の信頼向上に寄与することを目指すものです。

また、この制度の創設に併せて食品衛生法施行条例の一部改正を行い、営業者に対する自主回収の実施方法等の手順の設定も義務化されました。

自主回収制度は、平成23年4月1日から施行されています。

「特定事業者」とは(条例第2条第5号)

条例に定める自主回収の報告義務のある事業者を「特定事業者」といい、食品衛生法第4条第8項に規定する営業者又は任意の団体のうち、次のいずれかに該当する県内事業者をいいます。((3)から(5)は当該回収対象食品等が該当する販売者のみ特定事業者となります。)

(1) 食品等の製造者、輸入者、加工者

自主回収の決定者又は決定に関与する責任がある者として特定事業者に該当します。

(2) 農林漁業者の組織する団体

法人格のあるJAなどの生産者団体のほか、法人格のない産直組合や生産組合などの任意団体も報告義務者に該当します。

(3) 商品に自社名等を冠する(プライベートブランド商品)販売者(当該食品等を回収する場合に限る)

自社ブランドを立ち上げて食品等を販売する事業者のほか、個人名や自己を表す記号等を用いて生産から販売まで行う農家等も特定事業者に該当します。

(4) 製造所固有記号で表示した販売者(当該食品等を回収する場合に限る)

製造者とともに自主回収の決定に関与する責任がある者として特定事業者に該当します。

(5) 農林漁業者との契約により栽培した農林水産物を当該農林漁業者から直接購入して販売する販売者(当該農林水産物を回収する場合に限る)

いわゆる契約栽培により野菜等の生産農家と直接に納入契約して販売する場合の販売者が、契約した生鮮野菜等を自主回収する場合には、販売者が特定事業者に該当します。

自主的な回収の報告が義務づけられる範囲

報告が義務付けられる自主回収の範囲は、次のとおりです。

食品衛生法又は食品表示法の規定に違反する食品等

ただし、表示違反(食品表示法違反)については、(1)消費期限又は賞味期限の表示違反、(2)特定原材料(アレルゲン)の表示違反、(3)保存の方法の表示違反のみ報告の対象となります。

県民の健康への悪影響を未然に防止する観点から自主回収する食品等

  1. 衛生管理の不備に起因して、特定事業者の意図しない微生物、化学物質若しくは異物が含まれ、若しくは付着した食品等又はその疑いがある食品等
  2. 現に食品等によるものと疑われる人の健康に係る被害が生じている場合において、当該被害の態様からみて当該被害と同様の被害を生じるおそれがある食品等
  3. 食品衛生法第54条の規定による命令が発せられ、現に当該命令に係る処置がとられている場合において当該命令の対象となった食品等と同種又は類似の食品等であって、当該命令の対象となっていないが、当該命令に係る違反と同様の違反の疑いがあるもの

適用除外について(条例第2条第5号)

次のような場合には、自主回収の報告は必要ありません。

  • 購入した消費者をすべて特定でき、かつ、当該消費者に当該自主的な回収に関する情報を伝達することができる場合
    具体的な例:通信販売や宅配などで顧客リストが整っており、自主回収情報が周知できる場合
     
  • 県民に販売されていないことが明らかな場合
    具体的な例:製造所から出荷した商品が小売店の店頭に並ぶ前に製造者等の指示により回収された場合
     
  • 自ら製造し、輸入し、又は加工した食品等を、当該食品等を製造し、輸入し、又は加工した施設又は場所において他の者を経ることなく直接販売した場合
    具体的な例:商店街の豆腐屋やケーキ屋など施設内で製造した食品等であって、その施設の店頭のみで販売する食品等を回収する場合

相談窓口

岩手県環境生活部県民くらしの安全課(電話:019-629-5323)又は最寄の保健所へご相談ください。

県内保健所一覧

県央保健所

所管区域:八幡平市、滝沢市、岩手郡、紫波郡
所在地:盛岡市内丸11-1
電話:019-629-6564

中部保健所

所管区域:花巻市、北上市、遠野市、和賀郡
所在地:花巻市花城町1-41
電話:0198-22-2331

奥州保健所

所管区域:奥州市、胆沢郡
所在地:奥州市水沢区大手町5-5
電話:0197-22-2831

一関保健所

所管区域:一関市、西磐井郡、東磐井郡
所在地:一関市竹山町7-5
電話:0191-26-1412

大船渡保健所

所管区域:大船渡市、陸前高田市、気仙郡
所在地:大船渡市猪川町前田6-1
電話:0192-27-9913

釜石保健所

所管区域:釜石市、上閉伊郡
所在地:釜石市新町6-50
電話:0193-25-2702

宮古保健所

所管区域:宮古市、下閉伊郡(普代村を除く)
所在地:宮古市五月町1-20
電話:0193-64-2218

久慈保健所

所管区域:久慈市、下閉伊郡のうち普代村、九戸郡のうち洋野町及び野田村
所在地:久慈市八日町1-1
電話:0194-53-4987

二戸保健所

所管区域:二戸市、九戸郡のうち軽米町及び九戸村、二戸郡
所在地:二戸市石切所字荷渡52
電話:0195-23-9206

盛岡市保健所

所管区域:盛岡市
所在地:盛岡市神明町3-29
電話:019-603-8311

制度の概念図

添付ファイル

関連リンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

環境生活部 県民くらしの安全課 食の安全安心担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5322 ファクス番号:019-629-5279
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.