エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  安全・安心  ›  食品安全情報  ›  食中毒  ›  アニサキスによる食中毒を予防しましょう


ここから本文です。

アニサキスによる食中毒を予防しましょう

ID番号 N25432 更新日 平成29年6月19日

アニサキスによる食中毒を予防しましょう

生鮮魚介類に寄生したアニサキスによる食中毒が発生しています。

アニサキスって何?

アニサキスとは寄生虫の一種で、その幼虫がサバ、アジ、イカ、イワシ、サンマなどに寄生します。

魚介類の内臓に寄生しているアニサキス幼虫は鮮度が落ちると、内臓から筋肉に移動することが知られています。

アニサキスによる食中毒はなぜ起こるの?

アニサキスが寄生している魚介類を生でまたは加熱が不十分な状態で食べると食中毒が起こります。

家庭での予防方法は?

  • 魚を丸体で購入する際は、新鮮な魚を購入して、速やかに内臓を取り除いてください。
  • 内臓を生で食べないでください。

事業者の予防方法は?

  • 加熱してください(アニサキス幼虫は60℃では数秒で、70℃以上では瞬時に死滅します。)。
  • 冷凍してください(-20℃で24時間以上冷凍すると死滅します。)
  • 新鮮な魚を選び、速やかに内臓を取り除いてください。
  • 魚の内臓を生で提供しないでください。
  • 目視で確認して、アニサキス幼虫を除去して下さい。

   目視で確認!鮮度を徹底!加熱・冷凍で予防!

 

 

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

環境生活部 県民くらしの安全課 食の安全安心担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5322 ファクス番号:019-629-5279
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.