エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  安全・安心  ›  食品安全情報  ›  乳肉衛生(BSE)  ›  牛レバーなどの生食について


ここから本文です。

牛レバーなどの生食について

ID番号 N9198 更新日 平成26年1月17日

牛レバーを生で食べるのは、やめましょう。

食品衛生法に基づいて、平成24年7月1日から牛肝臓を生食用として販売、提供することは禁止されました。
これは、牛の肝臓を安全に生食するための有効な予防対策が現時点においては見いだされておらず、牛の肝臓の鮮度、保存状況、事業者の衛生管理等に関わらず食中毒が発生するおそれがあるためです。

  • 牛肝臓の内部からも腸管出血性大腸菌の検出が報告されています。
  • 腸管出血性大腸菌は、少数の菌だけでも、食中毒を引き起こします。
  • 一般に牛肝臓を含む食肉を生で食べると、食中毒のリスクがあります。
  • 「新鮮」かどうかは関係ありません。

消費者のみなさまへ

牛レバーは生で食べずに、中心部まで十分に加熱をして食べましょう。

事業者のみなさまへ

加熱用を除き、生の牛肝臓は提供できなません。

牛レバーの内部から腸管出血性大腸菌O157の検出が報告されています。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

環境生活部 県民くらしの安全課 食の安全安心担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5322 ファクス番号:019-629-5279
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.