エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  震災復興 ›  安全なまちづくり  ›  まちづくり  ›  震災津波伝承施設  ›  「東日本大震災津波伝承館」の愛称を募集しています


ここから本文です。

「東日本大震災津波伝承館」の愛称を募集しています

ID番号 N63848 更新日 平成30年4月11日

「東日本大震災津波伝承館」の愛称募集について

施設イメージ図

趣旨

 岩手県では、国及び陸前高田市と連携して整備を進めている「高田松原津波復興祈念公園」の中に再建される道の駅「高田松原」内に、「東日本大震災津波伝承館」の整備を進めています。
 東日本大震災津波伝承館は、東日本大震災津波の事実と教訓を世界及び次世代に継承していくための施設であり、これを国内外の多くの方々に広く知っていただき、訪れていただける施設とするため、愛称を募集します。

東日本大震災津波伝承館の概要 

位置 

 高田松原津波復興祈念公園※内に再建される道の駅「高田松原」内
※ 国営追悼・祈念施設(仮称)を中心として、県・市が整備する区域も含め一体的な公園として、岩手県陸前高田市高田松原地区に整備されるものです。(公園区域面積:約130ha)

施設規模 

 鉄筋コンクリート造2階建のうち1階の約1,475平方メートル(うち展示面積約1,340平方メートル) 

開館時期 

 ラグビーワールドカップ2019™釜石開催(2019年9月)前の開館を予定しています。 

施設の基本的な考え方 

■ 施設の整備方針
・東日本大震災津波の事実と教訓の、世界そして未来への伝承
・復興に立ち上がる姿と感謝の発信
・三陸沿岸地域へのゲートウェイ機能の発揮
・屋外の震災遺構等を震災被害の実物として展示

■ 施設の使命
・多くの尊い命を失った東日本大震災津波のありのままの事実と命を守るための教訓を語り継ぎ、未来へ伝承
・世界に向け、災害を乗り越え、復興に向けて力強く歩んでいく姿を発信

■ 展示のテーマ(展示を通じ、問いかけるもの)
 いのちを守り、海と大地と共に生きる ~二度と東日本大震災津波の悲しみを繰り返さないために~

■ ミッション・ステートメント※
 日本列島は、地球上でも特に自然災害の危険性が高い宿命の地であり、この地に生きる私たちは、長年にわたり自然災害への対応力を高めてきました。
 しかし、2011年3月11日に発生した東日本大震災津波により、私たちは多くの尊い命を失いました。
 この悲しみを繰り返さないためには、知恵と技術で備え、自ら行動することにより、様々な自然災害から命を守り、そして、自然災害を乗り越えていくことが重要です。
 東日本大震災津波伝承館は、先人の英知に学び、東日本大震災津波の事実と教訓を世界中の人々と共有し、自然災害に強い社会を一緒に実現することを目指します。
 そして、東日本大震災津波を乗り越えて進む姿を、支援への感謝とともに発信していきます。

※ 来館者に向けて、施設の基本理念を表明することにより、展示及び事業運営の指針を明確に示し、訴求力を高めようとするものです。 

愛称の公募 

1 募集内容
 「東日本大震災津波伝承館」の愛称

2 愛称の考え方
 応募にあたっては、次の点を考慮してください。
 ア 施設の基本的な考え方を踏まえた愛称であること。
 イ 小学生などにも分かり易く、呼びやすい愛称であること。

3 募集期間
 平成30年4月12日(木)から5月11日(金)まで(必着)

4 応募資格
 どなたでも応募いただけます。

5 応募方法
 応募用紙(下記添付ファイル)に必要事項を記入の上、持参、郵送、ファクス又は電子メールにより、下記10の応募先に提出してください。

6 応募条件
 ア 応募は1人2点までとします。ただし、応募用紙1枚につき1点としてください。
 イ 3点以上応募した方については、選考の対象外とします。
 ウ 自作で未発表のもので、第三者の著作権、商標権などの知的財産権を侵害しないものに限ります。

7 選考及び発表
 ア 応募された愛称については、岩手県において、有識者の意見も参考としながら選考し、採用作品1点を決定します。
 イ 複数の方から応募されている愛称を採用作品とする場合は、抽選により、愛称が採用される方1名を決定します。
 ウ 採用作品については、岩手県のホームページなどで発表します(平成30年6月頃)。

8 副賞
 ア 愛称が採用された方(1名)に岩手県沿岸地域の特産品(2万円相当)を贈呈します。
 イ また、応募された方全員の中から抽選で3名の方に岩手県沿岸地域の特産品(5千円相当)を贈呈します。

9 その他
 ア 採用された愛称に関する一切の権利は、岩手県に帰属するものとします。
 イ 応募された愛称を採用するに当たり、岩手県において補作・修正する場合があります。
 ウ 応募作品は返却しません。
 エ 応募にあたり、岩手県が取得した個人情報は、この公募に関する用務に限り使用します。ただし、採用者については、氏名、住所(市区町村名まで)、年齢(学校名、学年)を公表します。

10 応募先・お問い合わせ先
 岩手県復興局まちづくり再生課 〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
 電話019-629-6935/ファクス 019-629-6944/電子メール AJ0003@pref.iwate.jp

公園全体イメージ図

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

復興局 まちづくり再生課
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-6935 ファクス番号:019-629-6944
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefectural Government All Rights Reserved.